FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「応援される会社」これからの会社の生き残り方

「応援される会社〜熱いファンがつく仕組みづくり」を読んだ。書いたのは、上智大学教授の新井範子さんと東京富士大学教授の山川悟さん。

応援される会社


この時代に企業が成長を続ける条件とはいったい何だろうか?

そのひとつが応援される企業であることと、かねがね私は思っていた。

時代が成熟して商品やサービス自体ではなかなか差別化することが難しくなっているからだ。

となれば、その会社が好きか嫌いか、そこで差がつくケースが以前にもまして増えているのではないかと推測する。

著者ふたりは、そのあたりの背景をマーケティングの研究対象として調査、本書で論理的かつ、わかりやすく整理してくれた。

なんと言っても、応援が身近になった理由としては、SNSの普及によるところが大きい。

たとえば「いいね!」を押すこと自体も新たな応援の形であると著者たちは本書で言及、その連鎖が、応援消費という新たな消費形態を生み出していると。

少し前は応援というと声援を送るというような行為が一般であったが、今では多種多様、さまざまな形に拡がってきている。

企業から見れば、こういった生活者の価値観の変化をうまく取り入れられるかどうかが、今後の成長の鍵を握っていると言っても過言ではないのだ。

ある意味、かつては成り立っていた営業会社が不振に陥る理由も、案外こういった生活者の価値観の変化を理解できないところにあるのかもしれない。

さて。本書の内容に戻ると、

・応援されるブランドの類型と特徴
・応援される会社「4つの必要条件」
・応援を味方につける方法…と

普通の会社が応援される会社へ変貌を遂げるために踏むべきプロセスを、ヤッホーブルーイングやイチローモルトのベンチャーウィスキー、いすみ鉄道などの豊富な事例とともに紹介してくれている。

極論すれば、どうしたら売り上げを上げられるか、利益を確保できるかを考える前に、
どうしたら応援される会社になれるかを考えたほうが上手くいく時代だ。

日頃の経営に頭を悩ませている経営者には、ヒント満載の1冊である。


テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ