アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の工芸を元気にする!」ビジョンのゴールは100年先。

中川政七商店十三代、中川政七氏が書いた「日本の工芸を元気にする!」を読んだ。

日本の工芸を元気にする

中川政七商店はは2016年、創業300年を迎えた。それを機に中川淳から中川政七に改名したことはご存知だろうか。
よって本書は、中川氏にとって改名後はじめての出版となる。

中川氏は以前、50歳で引退を明言していたが、スノーピークの山井社長に諭され撤回したと本書にある。
おそらく覚悟を決めたということだろう。本書からはこれまで以上にその想いの強さが伝わってきた。

本書は、300年を迎えるにあたり、タイトルにもある「日本の工芸を元気にする!」というビジョンを見つけそれを実践していく過程が中心に据えられている。

そのゴールは100年先。

もちろんその時は中川氏もいないわけだが、中川氏に言わせれば、それくらい時間を掛けないとこのビジョンは達成できない、それくらい壮大な構想ということなのだろう。

さて、その「日本の工芸を元気にする!」という壮大なビジョンを掲げたことで、
それまで家業中心、自社製品開発と販売を中心としていたビジネスから、そこへ工芸を商う他社のコンサルティングを事業に加えた。

ミッション、ビジョンを明確に掲げることで成長を遂げた企業の例は、枚挙にいとまがないが、中川政七商店もそれによりその後の急成長につながっていく。ビジョンの重要さをあらためて教えてくれている。

そのあたりの経緯はこれまでに出版された中川氏の本にも触れられているが、最新刊である本書では、300周年の記念プロジェクトからポーター賞受賞、上場目前で断念したこと、そして自身が社長就任後はじめて直面した既存店での売上減少。そのあたりの葛藤と新たな取り組みの可能性について詳細に記されていて興味深く読んだ。

2002年、奈良の老舗企業というレベルの中川政七商店に入社してから社長に就任し、13代中川政七を襲名するまでわずか15年。今ではその存在を知らない人はいないほど、有名な会社に育て上げた。そのスピード感たるや、自分の15年前を考えるだけでもぞっとする。

それくらい凄いことがこの短期間で実現できた理由とは何なのか?そのエッセンスが凝縮された1冊が本書である。

ブランディングとはかくあるべき、それを理論だけでなく実践で示す中川氏の本は、説得力という意味でも右に出るものはないだろう。本書を読んであらためて思った。
スポンサーサイト

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」に学ぶ、これからの働き方。

パン屋タルマーリー店主、渡邉格氏が書いた、田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」を読んだ。

腐る経済

2013年の出版でロングセラーとなっている。
実は読んだのは初めてではなく出版早々に一度読んでいるのだが、その時はあまりピンとこなかった。
しかし今回文庫化されたのを機に再読してみて、この本が今という世の中を、「食のあり方」を通して見事に捉えた1冊であることに、あらためて気づかされた。

本書は渡邉氏の自叙伝に近い内容で、30過ぎまでどん底だった渡邉氏が亡き祖父の啓示によりパン屋を目指し、人気店に育てあげるまでの物語だ。

開店当初はそこらのパン屋と変わりのない店だったが、飛躍するきっかけとなったのが「天然菌」と「マルクス」。

天然菌の話は置いておいて、一体全体「マルクス」とはどういうことだろう?

きっかけは「イタル、おまえ、マルクスを読んでみたらどうだ?」という父の一言。
促されて資本論を読んだ渡邉さんが釘付けになったのは、マルクスが描いた当時のパン屋の状況だった。

簡単にいうとこういうことだ。

マルクスが生きていた19世紀半ばのロンドンには、2種類の製パン業者、すなわち職人技術を持った人の集まりである組合の流れを受け継ぐ「正常価格売り」と資本家が裏で糸を引く「安売り業者」があった。
「安売り業者」は、従業員を長時間労働させ、驚くほどの低価格を実現。
当然苦しむのは従業員と仕入れ業者で、とことん安く使って、資本家は私腹を肥す仕組み。

結局これが成り立つ最大の理由は、労働者自身が生産手段を持たないため、労働力を「商品」として提供するしかないこと。「商品」は買った人がどう使おうと、買い手の自由。詰まるところ、自分の「労働力」を資本家に売り渡した労働者は、資本家にこき使われる運命に身を委ねていることになるのだ。

その教訓から、渡邉氏は自前の「生産手段」を持たければいけないと気づく。
そして、できる限り近隣の農家から原材料を仕入れることで、不安定な市場に左右されず原材料を入手する手立てを実践していった。そこから渡邉氏独自のスタイルが確立されていくのだ。

このマルクスの話、現代にも十分に当てはまるのではないだろうか。
会社が安売りで利益を出すためには、経費を抑えられるだけ抑えることが重要で、最大の経費は従業員の給料と仕入れ原価であるから、自ずとしわ寄せはその両者に及んでくる。こき使われても我慢して働き続けるか、それとも自らの生産手段を手に入れるか。「安さ」か「付加価値」かとも言えるかもしれない。
それにしてもマルクスの時代から何百年も経っているのに、あまり進化していないと思うのは私だけだろうか。儲けたいという人の欲は、どんな時代にも共通なのかもしれない。読んでいてあまりに切ない気持ちになった。


さて。一念発起し5年余りの修行期間を経て、まず千葉県いすみ市で開業したパン屋「タルマーリー」。その後東北大震災を契機に岡山県真庭市に移住、当地勝山にて再オープンさせる。

パンなど買う人も少ないであろう田舎にあって、連日遠方からもお客が訪れる人気店となったタルマーリー。
店主、渡邉氏のパン作りは何から何まで常識破りである。本人曰く「不思議なパン屋」と。

まず安くない。東京ならいざ知らず岡山の田舎でも圧倒的な高価格。
週に3日休み、年に一度は一ヶ月の休みを取る。
看板メニューは「和食パン」で古民家に棲みつく天然の菌で作る「酒種」を使って発酵させる。
そして極め付け、店の経営理念は「利潤」を出さないこと。

特に気になるのが最後の「利潤」を出さない、だ。

利潤を出さなければどうやって生活を維持していくのか?と心配になる人もいるだろう。
先のマルクスの話が、ここにつながってくる。

利益を出すために、資本家は安い労働力に期待する。しかも長時間労働を厭わない労働者だ。しかし、会社というのはその逆であるべきというのが渡邉氏の経営理念。きちんと仕入れし、きちんと給料を払った上で、あえて利益を出さないように最初にきちんと計画をする。店を増やすとか売り上げを成長させ続けるとかを考えない限り、店舗とかにお金がかからない田舎であれば「小商い」で十分に成り立つというのが渡邉氏の確固たる考え方なのだ。

最近出た文庫本に収められているその後の話を読むと、少し事情も変わってきているようで、新たな拠点に移設し、クラフトビールも手がけ始めたようだ。

紙幣(利益)最優先の不自然な「腐らない経済」ではなく、人も菌も経済も自然に発酵する「腐る経済」。
経営にも生き方にもまずます「あり方」「考え方」が問われる時代になってきている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。