アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

日本の製造業が再び世界の先頭に立つ。吉村氏が説く「日本流イノベーション」

株式会社ワークハピネス代表取締役、吉村慎吾氏が書いた「日本流イノベーション〜日本企業の特性を活かす成功方程式」を読んだ。

日本流イノベーション

吉村氏は、公認会計士として活躍したのち、JASDAQの上場審査官を経て起業、現在はイノベーション創出コンサルティングファーム、ワークハピネスを経営する異色のキャリアの持ち主。

本書は「イノベーターズ」に次ぐ、吉村氏の2冊目の著書になる。
(イノベーターズについて書いた以前の投稿)

本書のテーマはタイトルにもある通り、日本が再び世界をリードする役割を担うために必要なイノベーションについて書かれている。

ご承知の通り、日本の製造業は「失われた20年」とも称されるように、21世紀に入りアメリカを中心としたITを活用した企業の隆盛により大きく遅れをとった。その大きな理由のひとつが、ものづくりにこだわるあまり、過剰な品質や機能の追求に走り、顧客が求める製品を提供できなかったことにある。

しかしその20年に及ぶ停滞した状態を脱し、再び今上昇に転じる大きなチャンスを迎えているというのが吉村氏の主張。

そのチャンスを現実なものにするのが、AI、IoT、ロボット、3Dプリンターといった急速に進化しつつあるIT技術。そしてその技術が製造業のリアルな現場を劇的に変えるということだ。

特に大きく期待されているのが、

・AIとロボットによるさまざまなサービスの無人化
・IoTによるあらゆるオペーレーションの最適化

以上のふたつだ。
課題先進国と言われる日本の、特に「人手不足」「生産性向上」という重要課題を解決するためのソリューションがビジネスの命運を分ける。

そのソリューションに対して、本書での吉村氏の提言のひとつを紹介する。


「製造業は工場の「完全無人化」と「クラウド化」へのロードマップを描け

第四次産業革命の中、日本の製造業がやらなければならないのはAI、IoT、ロボット、3Dプリンターといった汎用技術を駆使した「生産性イノベーション」だ。マーケティング、研究開発、購買、生産、販売、アフターサービスといったビジネスのバリューチェーンの全領域にAIやロボットをフル活用して労働生産性に革命をもたらすことだ。これは日本の製造業がサバイバルするための規定演技だといえる。効率の良い会社が生き残り、不効率な会社は消滅する。企業の効率を高められるチャンスが全企業に平等に到来しているのだ。先んじてAIやロボットを活用する企業がこのチャンスをものにして飛躍するだろう。

以上。


生産人口が減少に転じた今、製造現場での人手不足はこの先も好転することはないだろう。となればロボットの導入はもはや必然。
それによりロボットが人の仕事を奪うことは間違いないが、前向きに考えれば、人への負荷が大きい単純労働、肉体労働をロボットが代替してくれるともいえる。人はより創造性の高い仕事に打ち込むことができるのだ。人とロボットの協働、それこそがこれからの時代のキーワードになる。

その際に重要になるのが経営者の価値観であるが、“人の幸せのためにこそ、AIやロボットを活用する”そういったビジネスの価値観がより問われるようになるのではないだろうか。言葉は適切ではないかもしれないが、人件費を削減するためにロボットを導入すればもっと利益が上がる。そんな儲け至上主義の経営者は早晩市場からの退場を命じられることは間違いない。

上記を含め、本書は「どのようにすれば日本の市場でイノベーションが生み出せるか」、考え方から具体的な方法論まで、吉村氏の知見がフルに発揮された見事な提言書となっている。

いずれにせよ出発点となるのは、企業の使命。具体的に言えば、「どのようにして世の中のためになることができるか」、そしてそれを実現する「組織体としてのミッション」である。

つまり、AIやロボット、IoTはあくまで手段であって、「何のために」という目的が明確であることがそれ以上に重要であるという認識。そこを間違えると宝の持ち腐れにもなりかねない。

時代は大きな転換点にある。経営者に限らず、一個人としても、まずはその認識を自分ごとにすることからはじめなければならない。そういった意味での価値観の入れ替えができるかに成否がかかっている。そのために非常に役に立つ1冊だと思う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

FC2Ad