アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UXが劇的に進化する時代に、これまでのビジネスモデルは生き残れるか。

年末年始、時間が見つけて何冊か本を読んだ。そんな中で、これは良い本に出会ったと実感できた1冊が本書、ジーオス代表取締役、松島聡氏が書いた「UXの時代〜IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか」。

IoTの時代

皆さんは、Uber、Airbnbをご存知だろうか。
その手の横文字は苦手という方も、おそらく名前くらいは聞いたことがあるだろう。

Uberは配車サービス、欧米での普及とは裏腹に、日本では法規制があり本格的な普及には程遠いが、Airbnbはじわじわと日本社会に浸透し、すでに国内でも巨大な売上を創るビジネスになっている。

こうしたビジネスモデルはシェアリングビジネスと呼ばれるが、そのベースに存在するのが、かつてない斬新な「UX」であり、それを支える技術が「IoT」なのである。

まさに旬のキーワード「シェアリング」と「IoT」、そして「UX」について本書は書かれている。

UXとはUser Experience、ひと言でいえば「ユーザーが製品・サービスを通じて得られる体験」。
Web業界などでは、これまでも語られることの多かったUXであるが、本書で書かれているUXとの決定的な違いは、そこにビジネスモデルが存在するか否か。

これまでのビジネスモデルは、いわゆる垂直統合型。
上流から下流まで関連事業を支配する一貫体制のビジネスモデルだ。
スケールメリットや効率の追求から生まれた合理的なビジネスモデルである。
しかし同時に、実現するためには規模の経済が前提となり、シュリンクしていく現代においては、企業グループとしての体躯の大きさが致命的な欠点ともなり得る、諸刃の剣だ。

そして、まさにその欠点を突くように生まれてきたのが新しい水平協働型のビジネスモデル。
水平協働型とは、サービスの提供者と受益者という一方的な関係ではなく、提供者が受益者となり、受益者が提供者にもなるという、いわば主体自体が存在しないビジネスモデル。
Airbnb、Uberなどはまさにその代表例となる。

Airbnb、Uberのコア事業はUXを実現するプラットフォームを提供することで、ホテルやクルマ、さらにサービスを提供する人も一切自社に抱えないという、コスト面での強みがある。
旧来のビジネスにおいていちばんコストがかかるのは人件費だったことを考えると、どうみても旧来のビジネスモデルでは太刀打ちできないような気がしてならない。

さて。重要なのはここから何を読み取るか、それに尽きるのではないだろうか。
詳しくは本書に委ねるとして、前述のとおり、この水平協働型のビジネスモデルを可能にしているのは、テクノロジー、とりわけIoTの技術の進化である。あらゆるモノがインターネットに接続された状態で、なおかつAIがリアルタイムで分析を行う。その状況は、Airbnb、Uberでわかるとおり、すべての既存ビジネスを一変させるほどのとてつもないパワーを秘めているのだ。

この先、どんなUXビジネスモデルが生まれてくるのか、わくわくするのと同時に、ビジネスの当事者としてはどんな脅威にさらされるのか常に監視の目を向けていなければならないリスクがさらにが高まっている。

進化を指を咥えて見ているのか、それとも進化の当事者になるか。新たな挑戦は容易なことではないが、少なくとも当事者になる覚悟を持てなければ、この先のビジネスは非常に厳しくなることだけは間違いないだろう。

迷える経営者にとって、福音となる1冊となるか、それとも終わりを告げる1冊となるか。
読んで自身のビジネスモデルと照らし合わせてみるのも、それだけで価値があるのではないか、そんな想いを抱いた1冊である。

スポンサーサイト

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

「noma(ノーマ)はなぜ世界一のレストランなのか?」ドキュメンタリー映画「ノーマ東京」を観て。

デンマークのコペンハーゲンにあり、世界のベストレストラン50で2010年から堂々3年連続一位に輝いたレストラン「noma(ノーマ)」。ちなみに、nomaとはデンマーク語で「nordisk」(北欧の)と「mad」(料理)を組み合わせた造語のようだ。

そのノーマが本店を休店して、スタッフ総出で東京のマンダリンホテル東京に期間限定出店した際のドキュメンタリー映画「ノーマ東京〜世界一のレストランが日本にやってきた」を観た。

640-2.jpg

何が凄いかと言って、一にも二にも、天才シェフと謳われるオーナーシェフ、レネ・レゼビのこだわり。
時間がないからとか、食材の調達が難しいからとか、そんな言い訳(わかっているのでスタッフも言い訳をしないが)は一切通用しない。あるのは、ただただその料理が独創的であるかどうか。独創性という意味においては、本店での人気レシピすら一切認めない。とにかく今までに体験したことのない、初めての味を徹底的にスタッフに要求する。そのために常に追い込まれているスタッフが悩む様子は胸が痛むが、それはそれで見ごたえが(笑)

640-1.jpg

イチロー然り、天才とは99%の努力と1%のひらめきと言われるが、まさにそれを地でいく。
ある分野でいちばんになるには、その分野でいちばん時間を費やしたかどうか、世界ナンバーワンの称号は、当たり前のことが当たり前に行われた結果であるとあらためて痛感した。

この映画の中でもっとも印象に残った言葉。
「我々が求めるのは、“完璧な完成”ではなく、“完璧な未完成”だ。(少し表現は違ったかもしれない)」
この“完璧な未完成”という言葉に、レネ・レゼビ、ノーマのすべてが凝縮されているのではないだろうか。

もうひとつ強く印象に残ったのは、ノーマのコンセプトそのものであるが、日本の出店においては、すべて日本食材を使うということ。
そのためにレネとスタッフは日本全国を実際に歩き、自身の目で確かめ、自身の下で味わって食材を決めていること。一本一本味が違う桂皮(ニッキ)の木をちぎって噛んで確かめて様子は象徴的だった。日本人シェフにはいささか失礼にあたるが、日本人以上に日本の食材にこだわっていることがなにより驚きである。
いささか余談ではあるが、築地のシーンでは案内役としてかの山本益博さん、小野次郎さんも登場する。その前に観た「築地ワンダーランド」でも両者が登場したのは偶然ではないだろう。世界にもその名が響いている証と推測する。

640.jpg


築地ワンダーランドと同様、この「ノーマ東京」も外国人監督。
外国人が取ると、なぜこうも日本が魅力的にスタイリッシュに映るのか?そのあたりにまだ気づいていない地域創生のヒントもあるのではないか、そんな風にも感じた次第。

「ノーマ」を観ていない私がいうのも何であるが、とにもかくにも「ノーマ東京」、なかなか見ごたえのあるドキュメンタリー映画だった。

941f8b6267e3a579.jpg


【“「noma(ノーマ)はなぜ世界一のレストランなのか?」ドキュメンタリー映画「ノーマ東京」を観て。”の続きを読む】

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。