アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た人が絶賛するという泣ける花火、白菊。その裏に隠された壮絶な物語とは。

山崎まゆみ氏が書いた「白菊」を読んだ。


副題に「伝説の花火師・嘉瀬誠次」とある。

やや季節ハズレとなってしまった感もあるが、実は今でも毎週末全国どこかで花火大会は開かれている。
まして冬でさえ、クリスマスイブ、年越しのカウントダウンに花火は定番となった。



「なぜそれほどまで花火は日本人に愛されるのだろうか」



実はこの本を偶然目にする数日前、友人から本書の重要なテーマである長岡の鎮魂の花火について話を聞き、その時そんな想いを抱いたばかりだった。



そういう意味では私にとって本書は、まさに運命の出会いなのである。
読まなければいけない、そんな義務感にも似た気持ちに駆られて買い求めページを繰ることとなった。

本書の主人公、嘉瀬誠次は「伝説の花火師」として知る人ぞ知る存在。
打ち上げる花火の美しさは筆舌を尽くしがたい、そんな花火なのだ。

しかしながら、その美しさの背景には壮絶な物語があったと本書を読んで初めて知った。


実は嘉瀬は第二次大戦の終戦後、4年に渡るシベリア抑留を体験している。
生と死が紙一重の日々にあって、生きて帰る、その強い意志だけが支えだったそうだ。
残念ながら想い半ばで亡くなった友は数知れない。


そんな嘉瀬の花火師人生の集大成となったのが、ロシア抑留地のハバロフスク、アムール川での花火大会だ。
その地で亡くなった友を弔うという一心で実現させた。
さらにその花火は弔いの花火という意味を超えて、ハバロフスクの人々に大きな感動を与えたという。こうして嘉瀬は伝説の花火師となったのだ。



このドラマチックな嘉瀬の人生を巧みに文章に残したのがノンフィクションライターの山崎まゆみ。
最後に明かされることになるのだが、実は山崎は幼い頃、嘉瀬の近所に住み、父に連れられ何度も嘉瀬に会っていたという縁があった。数十年を経てまさか嘉瀬のノンフィクションを書くとは、そのとき思いもしなかっただろう。この不思議な縁が本書をさらにドラマチックな物語に昇華させている。

長岡の大空襲で亡くなった人の鎮魂として、今も嘉瀬の想いを引き継いで毎年8月1日に打ち上げられる長岡花火。
中でも白菊と呼ばれる花火は泣ける花火として、多くの人から賞賛の言葉が贈られている。

いやぁ実に花火の世界は奥が深い。そしてその世界を自在に操る花火師は実に繊細でクリエイティブな職業なのである。同じ、物を創造する立場としては、うらやましいかぎり。

私自身も花火会社の社長との縁を頂いて毎年岡崎の花火大会に出向くわけだが、本書を読んで、来年の花火大会の楽しみがまたひとつ増えた気がする。

スポンサーサイト

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

新たな時代の始まりを告げる価値観、半市場経済。

内山節氏の編著『半市場経済 成長だけでない「共創社会」の時代』を読んだ。



内山氏は半市場経済をこう定義する。

少し長くなるが紹介する。

市場に依存し利益の最大化をめざすのではなく、また市場をすべて否定するのでもなく、生活者としての感性・感覚を事業活動にあてはめ、よりよき働き方やよりよき社会をつくろうとする目的をもって営む経済のこと。「志」と「価値観」を共有することで、充足感と多幸感をもたらす新たな社会のかたちの創造でもある。

少しわかりにくいかもしれないが、
志を拠り所に、よりよき働き方、社会のあり方を追求しつつ経済的な充足も実現する経済、というと腹落ちしやすいのではないか。

ご承知かもしれないが、ポーター教授が唱えるCSV(共通価値の創造)にも近い。

ビジネスであるかぎり、持続的な成長は大前提だ。しかしながらそれを追求するあまり、一方ではかつてない息苦しい社会を生んでいる。

働く人が喜びを感じ得ず、労働力として扱われてしまう世の中。

競争ありきで、より効率的、低価格なものを追求するあまり、勝ち組負け組が明確になってしまった世の中。

そんな世の中が果たして成長の結果なのだろうか。

本書で示されるのも、ある意味アンチテーゼとしての反市場経済なのだ。

半市場経済の中心的な考え方は、経済活動の中心に「志」を据えていること。

言葉を変えれば、
志=ミッション、使命である。

どんな働き方をしたいのか。どんな価値を創造しながら生きていきたいのか。

それを追求していくと、おのずと市場経済の原理を超えた経済活動にたどり着く。

つまりはこの閉塞感を打開するには、価値観を変えることしかないのだ。

本書に興味深い事例が登場する。

ヤマタノオロチを目指す現代の飛脚、飛脚の加藤、加藤貴之さん。名刺には「郵便制度発足から140年...21世紀日本に飛脚が復活!」

そしてキャッチフレーズは、「『重い』ものは運べませんが、『想い』は運べます!」

脱サラをして、まったく新しい運送サービスを立ち上げた。モノを届ける方法は徒歩、料金はなんと一歩一円!だそうだ。

さすがにこれだけで食べていくのは難しいわけだが、ここで登場するのがヤマタノオロチ的「多職」の発想。

大八車での野菜の行脚や地域のためのお惣菜屋さん。過疎の村の独居老人のために自宅まで届け同時に話し相手にもなろうというものだ。

まさにお金儲けがすべてではない、地域に志を持って貢献しよう、そんな新しい時代の働き方を象徴しているのではないか。

内山氏も言うとおり、今はひとつの時代の終わりであり、同時にひとつの時代の始まりでもあるのだ。

そろそろ新しい舟に乗る準備をするとき、私自身の中でもそんな思いが高まりつつある。背中を押してくれる良い本に出会った。




インベーションは現場から生まれる。

株式会社ドリームインスティチュート社長、上野和夫氏が書いた『インベーションは現場から生まれる~「変革リーダー」~新たな人材開発戦略』を読んだ。



既存のマーケットでシェアを高めていく時のリーダーシップと変革を求められる時のリーダーシップとではまったく異質なもの。まさに今は変革のリーダーシップが求められている時、それではその「変革リーダー」の条件とは?というのが本書のテーマである。

これはリーダーに限らず個人にもあてはまることで、今のようにハイスピードでマーケットが激変していく時は、指示待ち人間では対応できず、意思を持って自ら考え動く“考動力”が人としての重要な能力になると上野氏はいう。

そんな本書で、私が一番関心を抱いたのは、冒頭の第1章。「先進企業に学ぶ事業の“再定義”」

変革リーダーを目指す時、新しい事に挑戦したいという意欲や、もっと斬新な提案をしたいという思いが先に立ちすぎると、すぐに閉塞状態に陥ると上野氏は警鐘を鳴らす。

ゆえに、まず取り組むべきは「アウト・オブ・ボックス」、つまり外に出て、自社や自分自身の課題を見つめ直すことから始めるのが良いと。

したがって本書ではその好例として、あえて「先進企業のケーススタディ=優れた企業の挑戦と革新のエンジンはどこにあるのかの考察」を冒頭に持ってきているのだ。

登場するのは、

・オリエンタルランド
・広畑センチュリー病院
・アスクル
・スタジオアリス
・トヨタ自動車
・セブンイレブンジャパン

それぞれがそれまでの事業の定義を、新たな時代の価値観により再定義することにより、さらなる飛躍につながった事例として紹介されている。

これらの企業に共通するのは、あくまで他社と比較して「より良いものをより安く」という競争からの事業再定義ではないということだ。(アスクルの事業価値がいちばんわかりやすいかもしれない)

そうではなく、あくまで独自価値の提供により新たなマーケットを創ろうという強い意思がすべての牽引役になっていること。

上野氏はこう続ける。

『顧客は品質や性能に加え「ここでしか得られない価値は何か?」「私にとっての価値は何か?「社会貢献につながっているか?」にますます興味関心を寄せている。それだけに提供する企業側にも「この企業なら安心」「この企業から買いたい」「この企業でなければ」という価値やブランドを創り出さないと、継続的な高収益体質企業になれません」』

価値の陳腐化が早く、1年先も予測が難しい時代。そんな時代だからこそ、すべての前提を疑い、価値の“再定義”が必要なのだ。そしてそれを推進する最重要なファクターが「変革リーダー」の存在なのである。

私も常々そう考えているわけだが、まさに今、すべての企業は、事業の再定義が必然の時。

本書は先にも述べたように「変革リーダー」の条件とその人材開発戦略について書かれた本であるが、この冒頭部分だけでも十分にもとが取れる非常に濃い内容であった。

あなたの会社に「変革リーダー」はいるか?
いないのであれば、その「変革リーダー」を育てる戦略は持てているか?

今その取り組みができていないとすれば、変革の荒波を乗り切ることは非常に困難な状況にあると言っても過言ではない。本書を読んであらためてそんな思いを強く抱いた次第である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

双雲流、しあわせになれる「はたらきかた」

書道家、武田双雲氏が書いた「しあわせになれるはたらきかた」を読んだ。



書道家として認知度は抜群、しかしながら著者としての彼は?がこれまでの私の評価だった。
(ファンの皆様にはごめんなさい)

が今にして思えば失礼な話。著書においても大変な才能なのである。
歯切れが良く、ブレがない。おそらく集中力が人一倍問われる書道家で培われたところも大きいのではないだろうか。

本書「しあわせになれるはたらきかた」はそんな武田氏の、ベストセラーになった「ポジティブの教科書」に続く最新刊。
帯にもあるが、「すべての働く人に贈る、仕事でわくわくできる方法」を武田氏が伝授するものだ。

武田氏が提唱するのは、頑張りすぎない働き方。確かに今の時代、頑張りすぎて消耗している人も多い。それどころか心まで消耗して容易に立ち直れない人も激増しているようだ。

武田氏がこの考え方に至った背景には武田氏のサラリーマン体験がある。実は武田氏自身、書道家になる前はNTTの社員。結局、会社生活になじめず早々に退社することになるのだが、その時に学んだことが本書のベースになっている。

本書にこんな一節が。

「頑なに張ると書いて頑張る。頑張るからこそうまくいかないこともあるんじゃないかと」
「楽しくない仕事を続けていても、おそらくいい結果には繋がらないんじゃないと思うのです」

企業人として成功することも大事だけれど、毎日を気持ち良く過ごせることの方がもっと大事。
武田氏にとって、早々の会社員生活からの撤退は、まさに最善の選択であったことが伺える。

たまたまであるが、データによれば今日9月1日は年間通して学生の自殺者がいちばん多い日らしい。季節の変わり目にあるだけに、おそらくは社会人でも似たような傾向にあるのではないか。

好きになれないこと。どうしても我慢できないこと。心が落ち込むこと。

直面している張本人にとってはそれどころではないだろうけど、結局のところ自分を追い込んでも何も変わらない、ある種あきらめの気持ちも必要なのかもしれない。

日々の行動と考え方を少しだけ変えるだけで周りの景色が違って見える。本書にはそんなヒントがいっぱい詰まっている。

難しく考えるのは止めよう。今日1日をめいっぱい楽しんでみよう。案外それくらいで丁度いいのかもしれない。何せ人生は長いのだから。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。