アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化から深化へ。真価が問われはじめた企業のCSR。

早稲田大学商学学術院商学部教授、谷本寛治氏の書いた「責任ある競争力」を読んだ。



本書はCSRについて書かれた本である。

重要なキーワードであるのに一般の人へはなかなか認知が進まないCSR。

コーポレートソーシャルレスポンシビリティ=企業の社会的責任と訳されるが、認知・理解が進まないのは偏に覚えにくいから。特に日本人にとっては馴染みにくい英語3文字の構成だ。もう少し分かりやすい言葉であったなら、日本でも早く浸透したのではないかと思うのは私だけだろうか。

いささか余談になるが、あらゆる分野でグローバル化が進む現代、新商品や新サービスは、企画段階からグローバル展開を視野に入れたネーミングが必要なのかもしれない。

さて肝心な本書の内容であるが、CSRがいよいよ新しい次元に入ってきたことを予感せずにはいられない1冊だ。

CSR=企業の社会的責任というと、以前は利益を上げたら寄付をするような社会貢献活動を指していたような気がする。あくまで利益最優先で、利益が上がらないとなった途端、続けてきた寄付もあっさりご破算にしてしまう。それが当然と考えていた経営者も多かった。

それに対して、本書が伝える最前線のCSRは様相が変わってきた。株主を始めとするステークホルダーの成熟もあるが、事業そのものを社会と紐づけて考える経営者が増えてきている。彼らの存在が、CSRそのものを、より企業と関わりの深いものへと進化させているようだ。

しかしながらその一方で、企業によってはいまだ「CSRって何?」という温度の低いところもある。
そういう意味では、事業と社会性を結びつけ経営に活かし成果を上げている企業とそうでない企業の差がますます開いてきているというのが実態と想像する。

幸いなことに、本書では企業がCSRと真剣に取り組むことで、ステークホルダーとのパートナーシップにより商品やサービスの開発において新たなイノベーションにつなげている先進的な事例がたくさん紹介されている。もし意識レベルの低い経営者が読んだとすれば、相当焦りを感じるだろう。

本書を読むにつけ、この傾向はこの先2年3年でさらに加速していくものと実感を新たにした次第。

CSRと連動した重要なキーワード、サステナビリティ。
短期の利益追求、拡大思考から持続的かつ長期的な成長の時代へ。競争から協奏(=共創)へ。消費者の企業の評価軸も大きく変わってきている。

経営者・企業幹部は、この価値観の転換を今こそ肌で受け止めなければならない。
「何のために事業を行うのか?」「どんな価値を提供して世の中のためになるのか?」「社員の幸せは実現されているのか?」
CSRを通して企業の真価を問う。ステークホルダーの厳しい目がそこにあるのだ。
スポンサーサイト

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

あなたなら、どうやって自分の会社をつぶすか?

イノベーション関連の教育および調査を提供する研修会社、フューチャーシンクのCEO、リサ・ボデル氏が書いた『会社をつぶせ~「ゾンビ組織」を「考える組織」に変えるイノベーション革命』を読んだ。



いきなり「会社をつぶせ」とは、ぶっそうな!と思われるかも知れない。
経営者が見たら眉をしかめそうなタイトルであるが、読み進めるとタイトルの本当の意味がわかり、なるほどと納得できる。

テーマは、現状維持が第一の「ゾンビ組織」を、主体性のある「考える組織」にするには何をすべきか?

ボデル氏がその答えとして、フューチャーシンクで顧客企業に提供しているエクササイズが、本書のタイトルにもなった「会社をつぶせ」というわけだ。

そのエクササイズの骨子は「競合相手が自分の会社を打ち破るにはどうすればよいのか?」と問いかけること。

自社が競合企業を、ではない。競合企業があなたの会社を、だから過激だ。
通常であれば「どうやって競合相手を打ち負かすか」を議論するのだから、まったく逆の発想になる。

そもそも企業規模が大きくなると、大抵の企業は守りに入り、効率性や短期的な成果に気を取られることになりがちだ。それが進むと企業も社員も硬直状態に陥り、気がつくと取り返しのつかない状態に。
大企業でトップがイノベーションを重要課題に掲げても、掛け声倒れに終わってしまうケースは大抵、こういった状態が背景にあることが多い。

エクササイズ「会社をつぶせ」は、さまざまなしがらみを解いて、今まで言えなかった自社の弱点や欠点を、ライバル会社の視点で徹底的にさらけだす。
そしてさらけ出されたリストに優先順位を付け、ひとつひとつ解決する方法を探していくというものだ。

広告業界には昔から批判禁止で自由にアイデアを出しあう「ブレーンストーミング」というアイデア開発手法があるが、「会社をさらせ」はそのブレーンストーミングをさらに過激にした印象がある。

正直最初は、何事もオブラードに包むことが美徳でありがちな日本の土壌では難しいかもしれないと感じた。

一方で、改善では乗り切れない、改革こそが求められている厳しい世の中であることも間違いない。

それだけに一度取り組んでみる価値があるかもしれないとも思う。それほど的を得た、目から鱗のボデル氏の考え方であった。

その他にも本書では、「ゾンビ組織」を「考える組織」に変える、フューチャーシンクが開発したさまざまなイノベーション推進手法が紹介されている。

自分の会社をつぶしてはじめて、イノベーションを生み出し、競合相手をつぶすキラーカンパニーへと変貌できるとボデル氏はいう。

さて、あなたは、自分の会社をつぶすことができるだろうか?

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

CRMの限界。そして「インテンション・エコノミー」の到来。

「リナックス・ジャーナル」誌のシニアエディターであるドク・サールズ氏が書いた「インテンション・エコノミー~顧客が支配する経済」を読んだ。



「自由な顧客は囲い込まれた顧客より価値が高い」。本書のテーマである。

囲い込む=CRM。

自身の体験に置き換えてみよう。サービスを利用するために自身の情報を提供する。それによりサービスを利用できる代わりに毎日大量にセールスメールが届くようになる。よほどの情報でない限り、そのままゴミ箱行き。うんざりする顧客に対して企業側は“囲い込み”が成功したかのように思えてしまう。これが現在のCRMの本質であり限界なのである。

それではこの先、顧客と企業の関係はどうなるのか?

サールズ氏がひとつのテーゼとして掲げるのが、「インテンション・エコノミー」の到来だ。

顧客が支配する経済。進化した顧客が自らの「意思」で企業を選択する。
そのために機能するのが「VRM=企業関係管理」のシステムだ。

本書では旅行時のレンタカーや突然必要になった用品などの購入の例で顧客と企業の関係が表わされているが、顧客が必要な情報を提供することで企業が名乗りを上げるシステムになっている。

顧客が完全優位な企業との関係。そこでは企業の“囲い込む”という考え方は完全に消滅している。

いつの時代に実現するのか幾つかの難しい問題があるのも事実であるが、大きな流れは間違いなくこの方向で進むと実感した。

ビッグデータの活用がCRMと関連付けられてまさに今マーケティングのトレンドとなっているが、意外とそのブームは早く終わるのかも知れない。本書を読んでそんな想いを強くした。

企業、そして広告が主役だった「アテンションエコノミー」から真に顧客が主役となる「インテンションエコノミー」へ。マスコミュニケーション全盛の時代はますます遠ざかっていく...

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

今を精いっぱい生きられているか。踏み絵となるような1冊、「どう生きる」

世の中には凄い経営者がいる。その凄さとは決してお金儲けが上手だということではない。

世の中には成功者と呼ばれる経営者がいる。その成功とは決して財を成したということでない。

坂本氏の凄い経営者の基準は、常に世の中の弱者と言われる人に向けられた温かな眼差し、そして彼らを支えようとひたすら努力を続ける不屈の精神と実行力。

そんな経営者こそ、本物の経営者と坂本氏は断言する。

坂本氏の活動は、そんな、世の中で埋もれがちな本物の経営者を世に知らしめ、ひとりでも多くのまっとうな経営者に勇気と希望を与えるものだ。

坂本氏の代表的な著作「日本でいちばん大切にしたい会社」に登場する本物の経営者のエピソードは、涙なしではとても読むことができない。

そんな坂本氏が一番弟子と言ってもよい、先日も紹介した「クオリティ・カンパニー」の著者、青木仁志氏をパートナーに迎えての対論集が「どう生きる」だ。



本書のテーマは、タイトルどおり、人はどう生きるべきか?である。

本書もまた過去の著作と同じく、ページをめくる度に、涙涙。とても人前では読めない。意識していても涙がこぼれることを禁じえない。なぜこれほどまでに涙がこぼれおちるのか…感動といえば聞こえが良いが、こんなに頑張っている人がいるのに対して、自分の情けなさ、恥ずかしさによるところが大きいと思う。さまざまなエピソードを通して正しい生き方を教えてくれている。

本書はある意味、生き方に関する名言集でもある。たとえば、こんな名言。

本当に強い人間とは、名もなき弱き人たちのちっぽけな夢を見捨てない、決して傍観者にならない人だ。(坂本光司)

豊かさはお金ではない。物でもない。心の豊かな人間になること。どれだけ人に尽くせる豊かな心を持っているのか。それが豊かさと幸せの指標になる。(青木仁志)

過去を後悔ばかりしている人を見ると、なぜその時精いっぱい生きなかったのかと聞きたくなる。今までやった精いっぱいの結果が今をつくるのだ。(坂本光司)

普通に働けてご飯も食べられて特別の問題もなく明日を迎えることができる。これを幸せと言わずに何を幸せというのだろうか。ささいな問題に一喜一憂している自分は一体何なんだろう。

人はぬるま湯に浸かっているといつの間にかその大切さがわからなくなる。そんな時、軌道修正してくれるのが坂本氏の著書だ。もし読んだことがないという方がいるなら、ぜひ一読をお勧めしたい。間違いなく人生における価値観が変わる。坂本氏の本にはそんな強さがある。

止められない会社の老化、「眠れるイノベーター」を今こそ活かす時。

かつて時頭力を鍛えるのベストセラーを放ったビジネスコンサルタント、細谷功氏の書いた新刊「会社の老化は止められない~未来を開くための組織不可逆論」を読んだ。



会社は人間と同じように生まれた瞬間から成長を始めるが、それは見方によれば、すでに老化への一途を辿っており、決して若返ることはない。従って、会社も上手な年の取り方を考えた上でリセットをかける必要があるというのが本書のテーマだ。

ここでは老化を後戻りできない「不可逆プロセス」の進行と定義している。

特に興味深く読んだのは第3章の老化を加速させる大企業のジレンマの記述で、ブランド力を高めると企業の老化は加速するという話。

通常ブランドを高めることは良しとされるが、ここではそれをデメリットの面から捉えている。

実はブランドを構築する行為そのものも不可逆プロセスであり、一度出来上がったブランドをわざわざ傷つけて価値を下げようとする人はいないからだ。つまりブランドが完成した瞬間から緩やかに死に向かって走り始めているのである。

特に問題なのは、そんなブランドが出来上がった企業に集まってくるのは、そのブランドに惹かれた人材で、そういった人材に限って、安定を求めチャレンジしない人材であることだ。
老化に気づいて会社が改革へのイノベーションを求めてもほど遠い人材の巣窟となってしまっている。

細谷氏は、老化は止められないが対処する方法はあるとして、次の3つを元に本書を展開している。

(1)老化を運命としえ受け入れる
(2)老化をリセットする
(3)「眠れるイノベーター」を活用する

先のブランドの話にも通じるが、会社のイノベーションを起こすためには、特に、今眠っているイノベーターをいかに登用するかがカギを握っているように思う。

成熟した企業にあっては、イノベーターは「異端児」として扱われることが多いようだ。
それは会社の成長・拡大とともに社内にオペレーション型人材が増殖していくことに関係している。
つまり、マジョリティがマイノリティを駆逐してしまうという悪循環の構図だ。
「イノベーション」が声高に叫ばれても、いつのまにかフェイドアウトしていってしまう会社が多いことでもその影響度の大きさがわかるというものだ。

新しいパラダイムは、必ずしも会社員という選択肢を求めてはいないと細谷氏。
今会社にいて息苦しさや閉塞感を感じている人は、新しい働き方、新しい環境を模索してもよい時かもしれない。
足りないのは、勇気と覚悟、そんな気がする。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

投資家が、お金より大切にしたいこととは?

投資信託「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの創業者でファンドマネージャーの藤野英人氏が書いた、“投資家が「お金」よりも大切にしていること”を読んだ。



本書は、藤野氏が長年かけて築いてきた「お金の本質とは何か?」についての自身の持論をまとめたもの。

お金は汚い、投資=金儲けは短絡的な見方であって、世の中について何も知らないことを、自らさらけ出している恥ずべきこと。藤野氏はお金に対する世間の多くの人の偏った考え方を一刀両断する。

そして、お金について考えることこそ、「生き方」「働き方」を真剣に考えることに通じる、と。

私自身も正直、投資というものに対して藤野氏が指摘するような偏見を持っていた。なぜなら、株式投資で一喜一憂した人たちを何人も見たり聞いたりしてきたからだ。特にバブル崩壊後の凋落を知るにつけ、やはり株式投資は手を染めてはいけないものと漠然とではあるが考えてきたように思う。

その考えが少し変わったのは、先日も紹介した澤上投信の澤上氏の「応援投資」という思想を知ってから。
応援投資とは、目先の利益を追求して短期で株を売買する考え方と正反対の、自身が心の底から応援したいという会社の株式を長期に渡り保有するというもの。

あくまで儲かりそうだから株を買うのではなく、応援したい企業が成長することによって結果として投資益としてお金が還元されるわけである。ニワトリが先か卵が先かという感じもあるが、見方によって考え方は180度違ってくると言っても過言ではない。

本書の著者、藤野氏も同様の考え方だ。藤野氏の方針は「成長する会社」への投資。

藤野氏の持論は「真面目な会社しか長期的に利益を上げることはできない」。
短期的には、株主や従業員やお客さんのことを考えないような「不真面目な会社」が利益を上げて、その株価が上がるようなことがあっても、そういう会社は長期的に見れば、必ず凋落するという。

だからこそ歩みは遅くても株主だけでなく社員もお客さんも大切にし、成長し続けることに何よりの価値があるというものだ。

成長するためには常に変化していなければならない。さらには変化こそ安定と藤野氏は言っている。

本書は冒頭に書いたとおり、お金の本質を問いかけることがテーマであるが、読み方によっては、真面目に生きる人への応援歌でもある。

成長し続けることの大切さ。それが何にもまして貴重であり価値があるという藤野氏の熱い想いがそこかしこに散りばめられている。

澤上投信の澤上氏、ひふみ投信の藤野氏、そして鎌倉投信の鎌田氏。利益のみを求めない意思を持った投資家が少しづつ世間で評価を高めている。

彼らの考え方に共通するのは、正しい考え方をする会社が結果として長く生き残る素晴らしい会社になるということだ。経営者はそんな会社を目指さなければならないとあらためて思う次第。

明確な意思で投資を受けた「未来に残したい会社」が一社でも増えれば、今より素晴らしい社会になることは間違いない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

大切なのは、自分の土俵で闘っているかどうか。

クリエイティブディレクター佐藤可士和氏が書いた「佐藤可士和の新しいルールづくり」を読んだ。



超ベストセラーとなった「佐藤可士和の超整理術」でおなじみ、その佐藤可士和氏の最新刊は、自らの体験を通して培った、人生を優位に生きるために必要な「ルールづくり」について書いている。

本書から学べることは、ずばり「自分に有利な場所=自分の土俵で闘うこと」の重要性だ。

サッカーでいうアウェイを想像してみよう。

相手の本拠地で闘うということは、グラウンドの条件からすべてホームチームに優位なように設定され、はなからハンディキャップを背負うことになる。

ホームでは圧倒的な強さを見せるチームがアウェイとなると別人のように見えてしまうのは、もちろんそこに心理的な要素が働く事も大きいが、研究し尽くされ「闘う場」がそもそも苦手な条件にセッティング(=相手優位のホームルール)されているからなのだ。

この例のように、本書における佐藤氏の「新しいルールづくり」とは、まさに自ら優位に闘うために「闘うための新しい場」を規定すること。

あらためて考えてみれば、個人にかぎらず、ビジネスでも「新しいルールを作れる力」が成功を大きく左右する。

アップルの成功などはその典型だろう。

マッキンントッシュをはじめアイフォンでも、アイチューンズでも、これまでにあったビジネスのステージのようなものをまったく新しい形に創り変えてしまった。つまり闘うルールそのものを変えてしまったのである。

佐藤氏いわく、新しいルールを創るために重要なことはまず前例・常識を疑ってみること。

常識に捉われていては、新しいルールなど作れるはずがない。特に現代のような創造的破壊が求められている時代には特に重要な要素に違いない。そういう意味では、本書で紹介されている佐藤氏の思考法は実に参考になる。

今仕事で上手くいかないとか、ビジネスで価格競争に巻き込まれているとか、そんな悩みを抱えている人は、意外と自分にとって不利な場所で闘っていることに原因がある場合も多いようだ。

そんな人は、アウェイな場所に乗り込んで自滅するのではなく、自分の強みを今一度明確にして、闘うルールそのものを変えることを意識してみてはどうだろうか。

最後になったが、本書で「佐藤氏のルールづくり」が明確に整理されているのは、聞き手である斉藤孝氏の「引き出し力」によるところが大きい。斉藤孝氏をセッティングした編集者のセンスにも拍手を贈りたい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。