アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不信感がもたらすコストは、意外と大きいという事実。

中小企業のコンサルタント、奥山睦さんが書いた「折れない」中小企業の作り方、を読んだ。



自民党・安倍政権が誕生して景気回復に向かって今のところ順調に進んでいるように思うが、中小企業までその恩恵が回ってくるにはまだまだ時間がかかりそうだ。そもそも公共事業を中心とした、悪い言葉でいえばバラマキ型の景気回復策は時代錯誤の気がしないでもないしひとつ間違えば大きなリスクも孕んでいる。長期的な視点に立てばこれで良いはずがない。

本書は奥山さんが自らも中小企業の経営者として体験した、経営のためのヒントを20個にまとめて中小企業経営者へのアドバイスとしている。

20それぞれが実践的でわかりやすいヒントとなっているが、特に私が興味をひかれたのが、4の「あてのないコスト削減になっていないか」の項目。

社員にかかるコストについて書かれたものであるが、大体どこの会社でもいちばん経費として大きな割合を占めているのが人件費だ。業務が忙しくなったからと言ってやみくもに社員を増やすのではなく、社内でやるべき業務と社外に出せる業務とを仕分けして積極的に外注化を進めるべきと奥山さん。

ここで注意すべきは「不信感がもたらすコスト」だそうだ。

何かというと、社員との信頼関係が築けず社内に不信感が蔓延している会社は、社員が積極果敢に挑戦する気が薄く、社内において最大の非効率を生みだす要因となる。人件費が経費の大きな部分を占めるとすれば、この損失は計り知れない。

だからこそ、社員との信頼感を高めるために明確なミッション、ビジョンを描き、社員と共有し、社員の共感を獲得すべきなのだ。

さらに社員を信用できないということは、管理のコストを増大することになる。社員がさぼっていないか、社員が経費をごまかしていないか、余分な目を光らせなければならないようでは、本来やるべき業務が疎かにもなりかねないのだ。

ビジョンが共有できれば、やるべきことやらざるべきことも明確になり、社員も無駄なコストを削減することに違和感も少ないだろう。

何のためにコストを削減するのか。本来の目的が共有できてこそ、意義があるというものだ。

奥山さんの書いた20のアドバイス。この他にも現実的なヒントに溢れている。
苦境を脱するためのイノベーションについて書いた書籍が何かと話題になるが、中小企業から見るとどうしても現実感に乏しい。そういう意味では奥山さんの書いた本書は、今この瞬間も経営に汲々としている中小企業の経営者にとっては、今すぐにでも役立てられそうだ。意外とこんなところに改革の芽が隠れているかもしれない。

大変な時こそ目の前の足元を見つめてみる。長年、中小企業の改善に取り組んできた奥山さんだから書けた1冊でなないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

プロフェッショナルこそ、生き残りをかけて自らを革新する必要がある。

コンサルタントのアル・カプラン氏が書いた「ハスラー~プロフェッショナルの革新」を読んだ。



キーメッセージは、「プロフェッショナルこそ、革新しなければならない」

ここでいうプロフェッショナルとは、弁護士や会計士、医師。そして、コンサルタントやファイナンシャルアドバイザーといった職種の人たち。

世間では俗に「先生」と呼ばれる人たちで、ある意味、これまではじっとしていても高収入が保障されている人たちだった。

だったと過去形であるのは、すでにアメリカでは過当競争の世界にあり、生き残りをかけた淘汰の闘いが始まっているからである。

こういった職種、従来であればまず実績、そして学歴、地盤といったところが武器であったが、もはや過去の栄光だけでは闘いに生き残れなくなってきているのだそうだ。

本書のタイトルにもなっている「ハスラー」とは、客引きと言う意味だそうで、能動的に自らの能力を広報し、クライアントに「営業する」プロフェッショナルを指している。

先生のまま時代に取り残されるのか、それともハスラーとなってサバイバルするのか。

その闘いを左右するのは、ICTを使いこなす能力、そして「士」としての能力はもちろんではあるが、それ以上に「人」としてのコミュニケーション能力が重要であるとカプラン氏はいう。

本書は、今プロフェッショナルとして活躍する人たちが、競争に勝ち抜くためにどのようにICTを活用して、どのように自らをイノベーションしていったのか、その考え方や手法について、事例も豊富に数多くのヒントの提供にページを割いている。

前述したとおり、これまでのように偉そうに待っていて仕事になる時代ではない。とはいえ、自ら仕事を取りに行く姿勢が果たして「先生」に持てるのか。過去の成功体験やプライドを捨てることは、ICTを使いこなす以上に難しそうに思えるが…

士に限らず、この先も景気の低迷が続くのであれば、リストラかどうかは別として、自らのスキルを武器に独立して生計を成り立てようと考える人は間違いなく増えていくだろう。そんな人たちにとっても、本書は非常に参考にできる点が多い。

また幸い企業の中に残ったとしても、いついかなる時に印籠を渡されないとも限らない。そんな人にとってのセルフブランディングの教科書としても十分に機能する。

この本を読んで真っ先に頭に浮かんだのは、進化論のダーウィンが唱えたという次の言葉だ。(毎度登場する話で恐縮だが…)

「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」

変化に対応することができれば、ピンチをチャンスに変えられる。対応できなければ……。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

中小企業ブランディングに占める“写真”の重要性

広告業界に身を置いていた時から、写真に対する企業の意識が低いような気がしてならない。

ブランディングの重要な要素として写真を考えれば、十分に競合他社との違いを作れるのにと、残念に思う機会も多々あった。

それではなぜ進まないか?とあらためて考えてみた場合、写真が広告を管理する広告代理店や印刷会社の付属物的な扱いにあるからではないだろうか。

つまり広告やパンフレットなどを作る際に写真を撮影することがあっても、それはあくまでもそれぞれの広告や印刷物のイメージに対してのものであり、企業全体に対してのものではない。

おのずと、広告会社が変われば広告ごとのイメージが出来上がり、企業の一貫したイメージを形成するものでなくなってしまう。

今、企業の使用する写真にとって重要なのは、広告ごとの作られたイメージではなく、企業の持つ強みや独自性、または企業文化をありのままにリアルに切り取る“伝わる”写真なのである。

そのためには、企業の中の特定な部署が、専属のカメラマンのもとに一貫して同じトーンで撮影を行うことが重要だと考える。

特にブランディングの基本が「継続性」と「一貫性」であるなら、なおさらだろう。

写真の持つ伝達力は、優れたカメラマンの手にかかれば、想像以上に大きい。

この先、中小企業がブランディングを考えるのであれば、間違いなく写真の優先順位を上げる必要がある。

~成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか、を読んで。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

Amazonだけじゃない。成功者の陰にプラットフォーム。

世界最高峰ブロガーと称される(?)マイケル・ハイアット氏が書いた「顧客の心に火をつけろ!」を読んだ。



原題は、PLATFORM GET NOTICE IN A NOISY WORLD.

帯のキャッチフレーズ「SNSプラットフォームがあれば、マーケティングはもう必要ない!」からもわかる通り、本書はプラットフォームについて書かれた本である。

楽天やAmazon、などの成長戦略と切っても切れないキーワード、それがプラットフォーム。

すなわち、駅のホームのように人が絶え間なく出入りする場所、転じて顧客・見込み客が集まるビジネスの主戦場、というような意味だ。

現代の企業のビジネス競争は、プラットフォームの競争ともいえるほど、プラットフォームの確立がビジネスの浮沈のカギを握っている。

本書はそんなプラットフォームの構築が、企業だけでなくパーソナル(個人事業主)の世界でも非常に重要であることを説いた本。

ハイアット氏は定期購読者5万人を誇る人気ブログ、michaelHyatt.comを運営する超人気ブロガー。
さらにツィッターでは10万人を超えるフォロワー、フェイスブックでは5万人のファンを持つという、まさにソーシャルメディアの申し子と言ったところ。

彼の成功を見てあらためて思うことは、「続けること」。「徹底すること」「自分が何を提供できるかを明確にすること」。中途半端ならやらない方が賢明だ。

本書ではその豊富な経験(といってもたかだか数年のこと)を活かし、どのようにすれば無名の人間がソーシャルメディアを活用し、ビジネスの成功を収めることができるかについて、書いている。

ハイアット氏は、成功の秘訣をこう明かす。
「他人にとって価値のあるものを大切にすること。そしてそれをメッセージにして最も効果的な方法で他人に伝え、喜んでもらうこと」

ここから読み取れることは、自分のエゴを押し通すことではなく、あくまで読んでくれる人を想定してコミュニケーションをとることが大切ということだろう。

現実の世界であっても、ネットの世界であっても、そう違いがあるわけではない。コミュニケーションというものをどう考えているかに負うところが大きい。

もうひとつハイアット氏はこんなことも言っている。今は「知っているのは何か」より「知っているには誰か」が重要な時代と。

ハイアット氏の考えるプラットフォームとは、イコールこの「誰か」なのだそうだ。

誰と知り合いなのかがビジネスの成否を左右する。そういわれて、このところのフェイスブックでの成功例などをあらためて振り返ってみると、なるほど、そうなのかもしれないと頷く次第。

ハイアット氏がプラットフォームの中心に据えるのは、ブログとツィッター。特にこの2つの考え方、使い方、拡げ方については詳細に解説されている上に、失敗例、やってはいけないことにも触れられており、参考にできる点が多い。

ネット全盛の時代、個人もプラットフォームを意識してソーシャルメディアを活用することで、新たな「立ち位置」を獲得できる。それに気づいている人には間違いなくチャンスの多い世の中になるだろう。

それだけに、SNSプラットフォーム構築のコツを知るのにタイムリーな1冊といえる。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

「やりたい」ではなく「やるべき」が大切。Social Design

電通・ソーシャル・デザイン・エンジン所属コピーライター、並河進氏が書いた「Social Design~社会をちょっとよくするプロジェクトのつくりかた」を読んだ。



私自身も経験のあることだが、駆け出し時代のクリエイターは「かっこいいクリエイティブで一発当ててやろう」とどうしても肩に力が入る。その結果、ひとりよがりのクリエイティブに陥り、誰の心も動かせないというのがよくあるパターンだ。

特にありがちなのが、クライアントの商品やサービスを、それ自身が持っている機能や特徴以上にオーバーに表現してしまうことだ。集中してアイデアを考え出すと、ついつい消費者を忘れてエスカレートしてしまい、翌朝企画案を見返してみると、穴があれば入りたいくらい恥ずかしくなることがしばしばあった。(今にしてみれば懐かしくもあるが…)

ソーシャル・デザインの世界でも同じだろう。“私のアイデアでもっと良い世の中にしたい”。その思いが強ければ強いほど、反比例して世の中からそっぽを向かれてしまうのが関の山だ。

本書の著者、並河氏も駆け出しの時代はそんな経験を沢山したそうだ。しかしある時、「僕がやりたい」ではなく、「今、これをやるべきだ」ということが大切、と気づいてから企画の考え方が大きく変わったとのこと。そして何より「いっしょにそれをやりたいと思ってくれる人を見つけること」が大切と気づいたことが大きかったらしい。

本書ではそんな並河氏が手掛けたソーシャルデザインプロジェクトの実例が多数紹介されている。

「nepia千のトイレプロジェクト」、ユニセフ「世界手洗いの日プロジェクト」、「チャリティピンキーリング」、ユニセフ「祈りのプロジェクト」、ハッピーバースデー3.11、ごしごし福島基金などなど。

この中で私が特に感心したのは、チャリティピンキーリング。

主体となって進めたのは電通ギャルラボという社内の貢献プロジェクトチームで、「社会貢献に、社会貢献以外の入り口を」という考え方がこのプロジェクトが女性の共感を呼んだ最大の要因のようだ。
具体的には、2色の組み合わせでできたピンキーリングの売上のうち100円を途上国の女の子を支援する仕組みに使う。
特にメンバーがこだわったのは「チャリティを抜きにしてもしたくなるリングにすること」。社会貢献プロジェクトだからこそのこだわりだという。その点にクリエイターの存在価値、参加の意味を感じる。

社会貢献は本来、強い想いからスタートするものだ。その想いに会社の規模は関係ない。電通でなくとも「社会を今より良くしたい」という思いがあれば、誰でも始められるはずだ。時代は進んでいるようにみえて社会の課題は減るどころか増えるばかり。クリエイターとして培ったクリエイティビティ、今こそ発揮する時ではないだろうか。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

普通のおじさんがソーシャルメディアを使ったら…

徳本昌大氏と高木芳紀氏の共著による「乗り遅れるな!ソーシャルおじさん増殖中!」を読んだ。



徳本氏は、今はアドフロンテという会社のデジタルソリューション推進部長だそうだが、少し前までは地元の広告代理店の東京支社に所属しており私のFB友達の中で関係のある人も何人かいるように見受ける。
一方、高木氏は渋谷の老舗文具店つばめやのウェブマスター。ソーシャルメディアを活用した文具店の成功事例を手掛けた人として著書もあり、知る人ぞ知る存在。

そもそもソーシャルメディアおじさんとは?であるが、ソーシャルメディアを活用する徳本氏がひょんなきっかけから「ソーシャルおじさん」と呼ばれるようになり、それが好評であったことに由来する。その後出会った「ソーシャルおじさん」たちとともに「ソーシャルおじさんズ」として活動するようになった。

本書はその徳本氏、高木氏を含めたソーシャルおじさん7人のここまでの経緯と活動を紹介するものだ。

ただし、おじさんと言ってもただのおじさんとはわけが違う。いずれもソーシャルメディアを駆使し自らのブランディングをしっかり成し遂げている、ある意味雲の上の人たち。だからソーシャルメディアを使えば誰でも彼らのようになれるかというとそんなわけにはいかず、実際にはほとんどの人が挫折するのは目に見えている。

ゆえに本書は、ノウハウ本として真面目に読むよりは、おじさんでも頑張れば求める夢を掴める、そんな勇気と元気をもらえるサクセスストーリーとして気軽に読むのがおすすめだ。

本書に登場するソーシャルおじさん7人はいずれも個性派ぞろい。その足跡を辿ること自体非常に興味深く、読みだすと一気に読んでしまった。

7人の共通点は、考える前に行動するタイプ。そもそもの資質がソーシャルメディアと出会って、一気に花開いたという感じだ。この点は大いに学ぶべき点とあらためて感じた。

ソーシャルメディアというものが世の中に登場してから日が浅い。せいぜい10年がいいところだろう。もっと言えば、多くの人が注目するようになってからはせいぜい2~3年。それだけに特別なノウハウがあるわけではなく、これから始めても十分に間に合う。普通のおじさんの誰しもが「ソーシャルおじさん」として一躍脚光を浴びることもあり得ないことではない。

ちなみに本書によれば、ソーシャルおじさんの条件は40歳以上だとか。40歳でおじさんということは、さしずめ50歳も半ばを超えればソーシャルおじいさん?まぁ、それもそれでいいだろう。ここまで来たら目指してみますか、ソーシャルおじいさん!

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

選択と集中、中期経営計画、顧客至上主義。3種の神器が企業をダメにした?!

ベンチャーキャピタリスト、古我知史氏の書いた「もう終わっている会社~本気の会社改革のすすめ」を読んだ。



ユニークな視点にファンも多い出版社、ディスカヴァー・トゥエンティワンの新シリーズ、ディスカヴァー・レボリューションズの1冊。
“革命”を謳うだけあって、これまで常識とされてきた欧米型の経営手法に対してアンチテーゼを展開する結構過激な内容であった。

全面に展開されているのは、金融資本主義の中核をなし、未だに企業経営の中心にある3つの考え方の全面否定。

3つとは、

(1)選択と集中の戦略
(2)中期経営計画の策定
(3)顧客至上主義

企業を成長に導くはずの3つの考え方への固執が、実はここ20年の日本企業の低迷を招いた最大の原因であると古我氏。

フォーマルな決め事にがんじがらめになり、また過去の成功体験に捉われ、新たなチャレンジを忘れてしまった社員、CRMなどの科学的手法を取り入れ顧客の声を聞こうとするあまり、主体性を見失ってしまった経営…それこそ、まさに「もう終わっている会社」の典型なのだそうだ。特に横並び意識の強い日本の企業では、ほとんどがそのような状況に置かれているのだとか。

特に問題なのは、そうあらねばならないという間違った理解。
経営に関する代々引き継がれてきた理論、もしくはその理論を紹介する書籍の影響も大きいのかも知れない。私自身も、どうやらそのあたりを鵜呑みにしやすい性格のようで反省する次第。

本書自体はやや冗長で、3点セットを軸にもっと端的に日本企業の問題点を整理することができたような気がするが、こうした視点で書かれた本はかつてなく、経営や経営計画に携わる人間は読んでおいて損はないように思う。当たり前のように行われていることを一旦立ち止まって「まてよ」と疑ってかかる必要のある時代なのだから。

効率主義、顧客至上主義、科学的管理手法、どれもすでに限界点に到達していることは、このところの大手企業の業績を見ていると明らかだ。

特に問題だと思うのは、そこに社員=人の感情というものへの意識が入っていないこと。
ご承知の通り、多くの企業が短期の結果を追求するあまり過度のストレスや病気を抱える社員を大量に生んでしまった。

結局、どんなに素晴らしい絵を書いてもそれを実際の形にするためには、人の力が最も重要な資源とならなければ何も生まれないし何も始まらない。ゆえに企業は顧客満足の前に従業員満足を考える必要がある。

とはいえ残念なのは、その点に気づいている企業は増えてきているが、実際に人を中心に据えた新たな企業経営の価値観を確立できている企業となると、いまだ数は少ないというのが現実のところ。

選択と集中、中期経営計画、顧客至上主義、3種の神器を否定しないまでも、今一度再点検してみることで新たに見えてくることがありそうだ。

常識は疑ってかかれ。年の初めに大切なことを学んだ1冊となった。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

ソーシャル的であること。

かつて自らの体験をもとにコピーライター糸井重里氏が書いた「インターネット的」。

インターネットで世界中のサイトを見ることができたりメールでやりとりでき便利になったということが価値の本質ではなく、インターネットが人と人のつながりの形を変え人の生き方まで変えていくところに意味があるのだ。
だからその新しい価値観を受け入れることができるか否かが重要になってくるというような内容だったように思う。

名コピーライターであった糸井氏がいち早く大転換期の訪れを予感し自らのプレイグラウンドを変えたことは象徴的で、同業に携わる私にとっては大きな衝撃でもあった。

今ソーシャルメディアの台頭に当時と同じような予感を覚える。

つまり、SNSを操って友達何人作るかとか、どんな興味をひく投稿をするかとかは時代的ではあるけれど、もっと重要なことは自らの価値観を「ソーシャル的」に変換できるかということだ。

私が考える「ソーシャル的」とは、

・つながりの中で起こる偶然のセレンディピティを信じること。
・人と対面で合う価値を大切にすること。(同様に、自らの目と身体で体験することを大切にすること)
・主張するだけでなく異質な価値観を受け入れること。(言いかえれば、一方的ではなく双方向であること)
・学ぶ心を忘れないこと。
・人に、社会に、優しいこと。
・利益はひとり占めするのではなく分かち合うこと。
・クリエイティブな価値を尊重すること。
・既成概念や過去の成功体験に捉われず常に柔軟であること。

書きだせばきりがないが、今が時代の大転換期にあることを信じ、自らの考え方、行動、もっと言えば生き方そのものを変えること(もしくは、変えることを厭わない)、そうまとめてよいかもしれない。

そしてなにより「2013年は、変化の傍観者ではなく変化を起こす当事者でありたい」

2013年のはじまりに心に刻むことである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。