FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

殿村美樹氏、「テレビが飛びつくPR」

「今年の漢字」「佐世保バーガー」「さぬきうどん観光」「ひこにゃん」

いずれも日本中を席巻した知らない人がいないほどの存在であるが、そのブームの陰には仕掛け人がいた。

その仕掛け人こそ、PRプロデューサーの殿村美樹氏だ。

彼女が書いた「テレビが飛びつくPR」を読んだ。



テレビで取り上げられるためには3つの法則と10の技術が必要といい、そのエッセンスを本書で解説している。

その中の3つの法則とは、

法則1:見えないものをビジュアル化する
法則2:わかりやすいストーリーを中心に考える
法則3:誰もが共感できるテーマを考える

特にテレビだけに、どんなにおもしろくても視覚的にカタチになりにくいものは駄目で、
意図的にわかりやすいカタチに置くことが必要不可欠。

殿村氏によると、仕事を依頼される理由は、
たいていがテレCMを打つ予算がなにのでPRでよろしく、というケースが多いようであるが、
本来広告とPRはまったく違うもの。
そのあたりがよくわかっていないことが広告会社を長続きさせてきた理由でもあるし、
今あたっている壁だったりするから複雑な心境だ。

広告とPRの違いを殿村氏はこのように言っている。
広告は「自分でお金を出して自分の主張に振り向かせる」
PR戦略は「お金ではなくアイデアを出して、メディアに記事や番組の中で褒めてもらえるように仕掛ける」

お金を出すかアイデアを出すか、振り向かせるか仕掛けるか。
どちらが泥臭く汗を書いて一所懸命か、その違いが今日の両者の評価につながっているのではないか。

広告に長い間携わっていた者としては耳が痛い話である。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

「自炊」から派生するビジネス。

自ら本を断裁してスキャンして電子書籍化する「自炊」行為が、新たなビジネスチャンスを広げている。

断裁に必要な断裁機、スキャンするのに必要なスキャナー。
もともとビジネス用の大型のものが主流であったが、パーソナルなニーズに応えるために、
省スペース&低価格なものが続々発売されている。

また自分自身で「自炊」を行うことが困難な人には代行ビジネスも今が旬のような。

考えてみれば、その他にもさまざまな周辺ビジネスがありそうだ。
しかしまぁ電子出版が本格化するまでの一過性のビジネスであることは間違いないが。

そんな中、これはアイデア、と思うのが、
断裁本の中古流通を行う「断裁本ドットコム」。

裁断本ドットコム

断裁された、一見商品価値がないと思われる本を買い取り販売するビジネスである。
自炊後のデジタルデータを販売するとなると即違法行為となるので、
その一歩手前、本当にニッチなビジネスをよく見つけたという感じだ。

私自身本をこよなく愛する人間であるので愛着のある本を切り裂くことは忍びない。
でも電子書籍として読みたいがまだ電子化されていない。

不便があるところにビジネスチャンスがある、その好例ではないか。

世の中はクラウド化、ソーシャル化の転換の真っただ中にある。
そういう意味では、続々と新たなビジネスが生まれるタイミングに今世の中はある。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ