FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

駒崎弘樹氏「働き方革命」

駒崎弘樹氏「働き方革命」を読んだ。



長時間勤務は当たり前の日本社会。私が社会人になったときから、
一向に改善されていないように思う。ある意味変える意思がないのではとも思ってしまう。

駒崎氏もかつては典型的な働きマン。
寸暇を惜しんでメールチェック、追い立てられるようにビジネス書を読む、
少しでも余裕時間ができると不安が押し寄せる・・・・

そんな長時間労働が実は生産性を下げ、周りの人も不幸せにしている、
そう気づいた時から駒崎氏の「働き方」革命が始まった・・・

仕事とともに家庭や社会にも貢献する新しいビジネスマン像を根付かせるため、
NPOを立ち上げる。

彼の「働き方革命」を象徴的する次のような一文があった。
「闇夜の泥道を這うような働き方から、晴れたハイウェイに愛車を走らせるような働き方に」

考えてみれば広告業界ほど長時間労働が尊ばれる業界はない。
自分自身の経験も含め、とりあえず長時間働いていることで不安を解消できる、
そんな傾向が日本人の価値観の中にあるように思う。
そろそろ本来の生産性とは、をひとりひとりが一度立ち止まって
真剣に考えないといけない時のようだ。

自分自身を見つめ直すためにも、このタイミングでこの本に出会えたことは貴重であった。

※とはいえ駒崎氏はまだ30歳。働きづくめで消耗した中高年はいったいどうなるのであろう、
 彼の年齢を知ってさらに不安を感じた次第。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ