FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

月9「婚カツ!」に見る視聴率と予約録画率の違い。

「SMAP」の中居正広主演の「婚カツ!」。

いわゆる月9枠で、高視聴率当然の時間帯。さぞや高視聴率と思いきや、
蓋をあけてみると、ビデオリサーチの調査によれば
第1話は16.3%、第2話11.2%、第3話9.4%と下降カーブを描いていて、
「月9史上最低の視聴率」とおおくのメディアでバッシングを受けている。

その一方で、注目に値するのは予約録画率の高さだ。

「TVガイド」を発行する東京ニュース通信社の調査では、09年4月27日から5月3日の
一週間に関東地区で放送された番組中の3位。翌週は7位。
「Gガイド.テレビ王国」の調査では、5月4日~5月10日に放送された全国の番組
(地上デジタル・アナログ、BSデジタル・アナログとスカパー!・スカパー!e2)で3位。翌週が4位。
「婚カツ!」は録画視聴では非常に高い視聴率を示している。

ちなみに、ビデオリサーチ調査は録画は含んでいない。

学生や若い社会人は在宅率が低く、録画してテレビを見ることが習慣になっている。
だから、録画視聴をカウントしないビデオリサーチの視聴率調査は
現実に即していないという議論が最近盛んだが、この「婚カツ!」の例を見ると、
どうやらその話は正しそうだ。

デジタルレコーダー、ワンセグも当たり前となった今、広告ビジネスの延命のためにも、
新たな視聴率の測り方・指標の構築が求められているのかもしれない。
と同時に非常に難しい問題ではあるが、新たなタイムランクの設定も急務だと思う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ