FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

船井幸雄氏「一生の幸せにつながる一日の過ごし方」

ご存じ船井グループの御大、船井幸雄氏が書いた、
「一生の幸せにつながる一日の過ごし方」を読んだ。



船井氏が長い人生で培ってきた幸せにつながる生き方のコツを
わかりやすく教えてくれている。

船井氏というと、書く本がオカルト的であったり、超常的であったりして、
嫌われる面もあったりするが、
この本に書かれているのは、ひたすら当たり前のこと。
午前3時に起き、、昼ごはんは食べず夜7時まで働き、晩ごはんを済ませ
夜9時過ぎには眠るという生活。
そこには本人も言うように、一切ムダな時間はなく、
すべての行いに意味があると言っても過言ではない。

船井氏といえば、神様のような人であるが、
大切なのは、その船井氏にしても、若い時からこのような術を身につけていた訳ではなく、
長い間の努力の積み重ねということだ。

たとえ短時間であってもコツコツと毎日武骨に継続すること。
1日にできることは限られるが長い歳月でやってない人との間には
天と地ほどの差がつく。
いわゆる成功者といわれる人に共通するのは、そのような継続をほとんどの人が
体験していることではないか。

ささいなことを大切にすること。ひとつひとつの意味を考えること。
この本から学べることはたくさんある。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

「卵かけごはん定食」に見るそば店のマーケティングセンス。

会社の近くのいきつけのそば店が「卵かけごはん定食」をメニューに加えた。

全国的に卵かけごはんのブームで、365日卵かけごはんなる本も出版されている。

くだんのそば店であるが、当然そば店であるから、卵かけごはんだけでなく、
そばと小鉢のセット。

店で観察していると、3人にひとりぐらいはこの「卵かけごはん定食」を
注文している。

そこで思うことは、ブームに気づいてさりげなく自店のメニューに取り入れる店と
取り入れない店の差についてだ。

卵かけごはんが流行っているからと言って安易にメニューに加えるのはいかがか、という
意見は当然あると理解するが、
こういったメニューを加えることにより、お店に活力が戻ることもある。

大切なのは、十年一日のメニューにこだわらず、本質を忘れることなく、
部分的にはメニューを生活者の嗜好の変化に合わせて変えていける
柔軟性ではないか。

いささか強引ではあるが、広告会社のビジネスにもそんな柔軟性が必要なのではないか。
インターネットはわからないから、と扱わないでいるうちに・・・

そば店の「卵かけごはん定食」を食べて、ふとそう思った次第。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ