アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

奇跡のリンゴ~「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

今日8月31日は、「野菜の日」だそうだ。
と言うわけでない(もともとリンゴは野菜ではないし)が、
奇跡のリンゴ、という本を読んだ。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で放送され大反響を呼んだ
内容を、ライターの石川拓治氏が改めて取材、書きおろした本だ。



内容は、青森のリンゴ農家の木村秋則が、奇跡とも言える無農薬のリンゴづくりに挑んだ
10年にも渡る記録である。

無農薬に挑む過程は害虫や細菌との闘いであった。
いかにして害虫からの被害を抑えるか・・・

しかし成すことすべてがうまく行かず死をも覚悟した時、
天恵が訪れる。

山で自生するドングリの木の土壌を見て、手を入れることが結局木を甘やかすことになり
自立を妨げていた事実に気づくのだ。
自然にあっても太く根を張り逞しく生きるドングリの木。

この「奇跡のリンゴ」は、無農薬リンゴへの挑戦ドキュメンタリーではあるが、
木も人も同じように、自ら立つ力を本来持っている、だから手を入れ過ぎると
あるべき力も損なわれてしまう、
そんな貴重な教訓をわれわれに提供してくれている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

トヨタ、マス広告費を前期比3割削減。

好調だった北米市場に陰りが出て、さらには原材料費の高騰もあって、
大幅な利益減が予想されるトヨタ。

そこで発表されたのが、マス広告費の大幅削減だ。
その削減率、なんと前期比3割減(2009年3月期)だと言う。

昔から景気が悪くなると真っ先に削減されてきたのが広告費であるが、
データ的には削減によるデメリットも多く、その後広告費を回復してもその間の
マイナスは中々取り戻すことができない、との調査も発表されたりした。

しかしそんなデータなどなんのその、背に腹はかえられないということか。

今回の削減は、マス広告費というところがポイントだと思う。
世界のトヨタであっても、マス広告の効果うんぬんにクエスチョンを強く持っていると言うことであろう。
あくまでマス広告費で、インターネット広告費やOOHの広告費ではない。
インターネットでその代替が可能と考えているのかも知れない。

日産はじめその他自動車メーカーの追随も予想されるし、自動車関連メーカーも
削減の方向に動くであろう。

いずれにしても、日本の広告費の相当の割合を占めるトヨタだけに、
その影響は計り知れないと思う。
いよいよマス広告からインターネットへのシフトが鮮明になるだろう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

凄い12人の、凄い広告営業力。

本屋に行っての楽しみは、予想外の新刊に突然出逢うことである。
今日も帰り道に寄った書店で、そんな幸福な出会いがあった。

誠文堂新光社の新刊「広告営業力」だ。

広告営業力


広告のクリエイティブについて書いた本は、過去多数あるが、
こと広告営業に絞って書かれた本は、私の記憶では皆無だと思う。
常々、広告の営業についてその方法論だとかを聞いてみたいと考えていたところだったので
私のそんなインサイトに一直線に刺さった次第。

12人のホンネと仕事のやり方、という副題があるように、
広告代理店・クリエイティブエージェンシーの現役バリバリの12人が
それぞれの広告営業論を熱く語っている。

そんな中のひとり、サンアドの営業部長、坂東美和子氏の言葉の中に
さすが営業と思わせるひと言があった。

そのひと言は、「見積もりもクリエイティブ」
相手が払いたくなるような見積もりにすること。

氏はきちんと理解して払ってもらうために、提出前に何度も何種類も見積もりをつくり、
ベストな見積もりを提出する。
見積もりもクリエイティブと断言する坂東さんに営業としての誇りと自信を強く感じた。

アカウントプランナーを目指す若い人にはもちろん、キャリアがあっても停滞している
広告営業マン、さらには営業とパートナーを組むクリエイターにも大いに
参考になる一冊である。



発行:誠文堂新光社
定価:1,600円+税

〈目次から〉ソフトタッチ営業の真実。/営業は、人間力。/チームワークが武器になる。/プロの広告営業になろう。/感動を、ただの感動で終わらせない。/どんぶり勘定の真意。・世界110カ国共通、51言語のコミュニケーション。/営業の仕事が、見えてきた。/広告を、好きでいられるということ。/インデーズは新しい視点を創る。/明も、暗もないところへ。/消費者目線でつなぐ、デジタルコミュニケーション。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

北京オリンピックバブル崩壊を危惧する。

昨日、北京オリンピックが閉幕し、五輪旗は北京からロンドンに渡った。

イギリス政府によると北京オリンピックの開催費用は、200億ポンド。
日本円にして約四兆六百億円。
まさに中国が国の威信をかけた結果である。

対して、ロンドンオリンピックは二分の一以下の93億ポンドとコスト意識を徹底するそうな。
またリサイクルなども多用し環境や食糧、エネルギー問題などをテーマにした、21世紀型の
五輪像を模索するとしている。

確かに、愛知万博で見られたような21世紀型は、北京ではまったくお構いなしで、
地球規模のエコだとか環境配慮だとかは20世紀に逆戻りしたよう。
中国がまだまだ発展途上にある何よりの証なのだろうが。

さりとて勢いだけではいつかしっぺ返しが来る。
北京オリンピック後不況などというキーワードも飛び交っている折、
中国の影響が日本に飛び火する可能性も高い。
そろそろ地に足をつけてもらいたいと思うのが大勢の意見ではないであろうか。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

1点突破・全面展開、それがイソズミマジックの肝。

船井総研のコンサルタント、五十棲剛史が書いた「営業引力の法則」。
彼のコンサルティングはイソズミマジックとも呼ばれ、彼を信奉する経営者は
後をたたない。

この本は今から5年前に書かれた本であるが、
彼が提唱する「アトラクティブセールス」は、プル型営業のエッセンスが凝縮されており、
時代の影響を受けない普遍的な考え方と言える。
そういう意味では、壁に当たっている営業マンにはもちろん経営者にとっても
目から鱗のバイブル的一冊だ。

1点突破・全面展開。
どんな狭い世界でもいい、誰にも負けないオンリーワンの強みをもつこと。
その強みをつくったらそれを武器に徹底して展開すること。
中途半端に妥協せず信じたら貫くことが大切だと言う。

マーケティングで言う「選択と集中」と共通する考え方であるが、
なかなかできそうでできない。
それがこの本を読むとなんだかできそうな気がしてくる。

そう思わせることが、すなわち「イソズミマジック」なのだろう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

問題は「3つの不足と1つの無駄」

中小企業が経営計画を達成できないのは、共通する原因があるという。
その共通する原因とは「3つの不足と1つの無駄」。

公認会計士・藤間繁氏の新刊「経営計画達成の教科書」に詳しく書いてある。

その4つとは、

(1)社内のコミュニケーション不足
(2)社員の社外情報の入手不足
(3)社員の問題意識不足
(4)社員の行動および業務内容の無駄

以上だ。

集約すると、会社経営として、利益を上げる仕組みが円滑に回っていないことが
すべての原因のようだ。
その結果、社員のモチベーションが水がこぼれるがごとく低下する。
その責任はすべて経営者並びに経営陣にあると言ってもよい。
社員にそれを押しつけることは暴挙に近い。

自社に当てはめてみると、よくわかるだろう。

根拠なし、分析なしの利益目標。相変わらずの根性論。
そして過去の成功体験の披露。時代変化の認識不足。等々

いちばん奮起すべきは経営者、経営幹部であることをわからなければ何も変わらない。
本書を読んで痛感した次第。

本好きのためのジュンク堂書店

会社の近くにないので、なかなか行く機会に恵まれないが、
少し時間があって、これだという本を探す時は迷わずジュンク堂に向かう。

魅力は何と言っても品揃えの豊富さ。
仕事柄、マーケティング、広告、デザイン関係の本を集中的に見る訳であるが、
ただ数が多いだけでなく、
本屋通いが日課のような私でも他の書店ではめったに見かけないマニアックな本に出会う。
その充実ぶりにはいつ行っても目を見張る。

こういったサプライズが、とても幸せな気分を提供してくれる。

その本を選んでいる、本が何より大好きな店員の姿が目に浮かんでくるようだ。
訪れるお客も、他の本屋より本へのこだわりの強そうな人が集まってきている印象。

願わくばもう一店、会社の近くにできてくれるともっと嬉しいのだが。
難しいだろうな。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

辰巳琢郎「道草のすすめ」

私と同じ獅子座、B型。

好奇心旺盛で、人に指示されるのが苦手な星の下に生まれた。

そんな俳優・辰巳琢郎が50歳の誕生日を機に
書いた本が、「道草のすすめ」だ。

若いうちは、俳優以外にも興味が趣くままにさまざな仕事に手を出し、どれも
大成せず、集中力に欠けると非難を浴びやすかった。
それがどっこい、年輪を経て人生の肥やしとなってくるから人生はおもしろいものである。

まさに円熟期に差し掛かり、道草こそ人生の糧と思わせる多趣味が真骨頂。
まだまだ人生これからと勇気づけてくれる。
力を貰える一冊となった。



著者:辰巳琢郎
発行:角川書店
定価:705円+税

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

高橋正明編著「建築プレゼンの掟」

広告と建築、どちらもプレゼンテーションが重要であるが、
はたしてどんなプレゼンテーションをするのだろうと興味を持っていた。

そんな中、建築家のプレゼンテーションが実によく理解できる本が出た。
本書「建築プレゼンの掟」。



私自身が描いていたイメージよりはるかに長い時間をモデル制作より
プレゼンテーションに割いていることがわかった。

中村拓志や永山祐子の若手のホープから隈研吾、青木淳などの大御所まで、
話題の建築家のプレゼンテーションの奥義がぎっしり詰っている。

アドマンにとっても参考にできるポイントも多いので
ぜひ読んでみるといいと思う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

1円パチンコとギャンブル性

現在、パチンコホールは法規制の影響もあって逆風の真っただ中にあり、
倒産する会社も出てきている。

仕事柄、パチンコホールのTVCMを企画・制作する訳であるが、景気の影響からか
なかなか企画が決まって行かない。
決まらない理由は戦略に迷いがあるから、それにつきるだろう。

さらには、集客を狙えば狙うほど上滑りする。
こういう時ほど地に足をつけて、本来の顧客サービス、
ホスピタリティの充実に注力することが早道だ。

そんな中、1円パチンコが人気を集めている。
店側の論理でいくと、一玉の値段が四分の一になるため、売上が大幅に
下がるリスクがあるが、その分お客はゆっくりパチンコ本来の楽しみを
満喫できる利点が生まれる。ギャンブル性を喜ぶお客にとっては物足りないのであろうが。

現在、1円パチンコを全国で展開中のダイナムは、低貸玉営業に転換したのを機会に
パーソナルシステムという台毎に出玉を計算できるシステムを導入。
球を運ぶのに必要な人員を大幅に削減し、浮いた人件費を接客サービスの向上に
あてていておおむね顧客からは好評だ。

ギャンブルそのものの社会性も問われる今、ビジネスとして社会で生き残るためには
こうした発想の転換、新たなサービスの創出が必要不可欠だ。

消費者金融同様、泣く人がいても儲かればいいという時代はとっくに終わっている。
そこに気がつかなければならない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

三谷幸喜「ザ・マジックアワー」を見る。

今週末で上映が終わりそうなので、遅ればせながら三谷幸喜脚本と監督の「ザ・マジックアワー」を見た。

ザ・マジックアワーズ

見たのはTOHOシネマズ、今日14日はトーフォー(東宝)の日ということで、1,000円で
映画が見られる貴重な日。しかもお盆休みと都合よく重なった。

ちなみに109シネマズの場合は、19日が割引日になっている。

1,000円ならという打算付きで見た映画だが、十分もとは取れたと満足している。
じゃ、1,000円じゃないと見ないのかと言われると辛いが、まぁこういった機会に
普段なら見ることがない映画と出会えるのも意義があることだと思う。
いい映画であれば次回は定価で見ようと思う訳だから。
これがきっかけとなってファンが増えるのであれば悪いことではないから、
こういう機会をもっともっと増やしてほしい。

さて肝心のザ・マジックアワーであるが、
映画好きが作った映画好きのための映画という感じがする。
何より精一杯真心こめて作っているという事が画面全体から伝わってくるところがいい。
さらに出演者も三谷氏の誠実さに惹かれて参加していると言う感じが
映画づくりの原点のスタイルを彷彿とさせて好感が持てる。

ビッグネームが揃った大味の映画が元来好きではない私であるが、
この映画はビッグネームがビッグネームで終わっていない、
それぞれの持ち味が存分に活かされている。

映画好きのつくる映画は画面からハートが伝わってくる。
それだけで映画好きは幸せな気分になれるのだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

松本拓也氏、「小さなニュースに火を付けて売る!」

小さなニュースに火を付けて売る!サブタイトルに「パワーブロガーはお客をこうつかむ」



パワーブロガーがお客をつかもうとしているかどうかは別として、
ともするとやらせ→炎上となりやすいブロガーを巻き込んでのプロモーションを
ある意味、プロフェッショナルとして計算づくで仕掛けている松本氏の
ノウハウ、経験が満載されたお買い得本である。

松本氏はもともとは電通のアドマン。
インターネットの創世記に、インターネットの可能性に感化され、
インターネットビジネスに身を置いた人だ。
今は奥さんと二人で、EAという会社を立ち上げ、ブログプロモーションを生業としている。

読んでみての感想であるが、
自らも月間10万アクセスを稼ぐパワーブロガーということで、
ブロガー心理をわきまえたブロガー誘導の姿勢に好感が持てた。

いずれも一家言を持つパワーブロガーを束ねてプロモーション効果を獲得することは
予想以上に計算が立たないもので、計算づくで言っても予想外の結果が起こることは
日常茶飯だと思う。

それだけに実践の結果がすべてともいうべき世界であり、挑戦を続ける氏の姿勢には
広告業界に身を置くものとして頭が下がります。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

広告クリエイティブとインパクト

プレゼンテーションの是非が問われる中であるが、相変わらずプレゼンテーションの機会が多い。
しかもこのところ連敗中である。
負けの理由の多くはインパクトに欠けるというものだ。

ちょっとまてよ、インパクトって何だろう?
担当営業に尋ねても明確な答えは返ってこない。

このインパクトってやつが曲者で、インパクト=目立つことと解釈する上司が
いたりして、変わっていることを良しとする意見を平然と発したりする。

もともとターゲットがあってコンセプトがあって、残したいメッセージがあって、
それをより伝わりやすくする要素がクリエイティブである訳だが、
そのような上司に限って、ターゲットやコンセプトに対し強い主張をするところを
かつて聞いたことがない。

競合商品・サービスと差別化を図るためのインパクトはもちろん大切だが、
はじめにインパクトありきでは広告は成立しない。

また作り手としては外野の意見に惑わされない一貫した考え方、こだわりも必要だ。

インパクトってなんだろう?はっきり言えるよう、日頃から今少しの理論武装が必要かも知れない。


テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

北京オリンピック開会式の足跡花火はCGだった!?

ちょっとびっくりのニュースが飛び込んできた。と言う訳でオリンピックネタ第二弾。

第29回開催にちなんで、花火でできた巨大な足跡が29歩で開会式に到着する、
というスケールの大きな演出。

北京オリンピック開会式の足跡花火

実はこの巨大な花火が最後の一歩を除いて
CGで作られたものと事前に撮影された実写の合成だったと言う事実が判明したそうだ。
(当日も花火は実際に打ち上げられていたそうだが、撮影が難しいということで)

↓ユーチューブに投稿された当日の足跡花火の映像


常識から言うとリアルタイムのこういった中継にCGが使われるという事は
あまり考えられない。
それだけに想像だにしなかったということもあるが、
仮にCGだと言われても、あまりの完成度に、まさか、というのが素直な感想だろう。

総合演出があのチャンイーモウだけに私のような反応も想定済みか。

長い歴史に培われた中国人の誇りの高さが見事に結晶したかの開会式演出。

良きにつけ悪しきにつけ、どこまで行っても中国人の潜在力は私たちの想像を超える。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

北京オリンピック、開会式に思うこと。

東京オリンピックを知る者としては、北京オリンピック開会式を見て、
あらためてこの44年間の時代の変化に驚かざるを得ない。

何が違うかと言うと、異なっている点はたくさんあるが、
特に象徴的なのがその行進の様子だ。

行進していると言うよりはイベントの一参加者と言う印象。
手には携帯電話、デジタルカメラ。
中には携帯電話で通話しながら行進している者もいる。

仮に携帯電話を持っていたとしても少し前なら、恐らく持ち込み禁止となっただろう。
それほど携帯電話は生活の一部となっているとこの光景を見てあらためて思った次第。

時に携帯電話が子供に与える影響が議論の対象となるが、
ここまで来ると与える与えないはすでに議論の対象ではないかも知れない。

与える前提で使い方を問うべき時代になっているということだろう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

探していた本、偶然の出会い。

つくづく想うことだが、本と言うのは見つけた時にその場で買わないと
その次がなかなか来なかったりする。

今はアマゾンとかのネット通販があって、以前ほどの事はないであろうが・・・

数か月前、たまたま通りがかった本屋で偶然出会った、
直木賞作家・角田光代の「明日はドロミテを歩こう イタリア・アルプス・トレッキング」。
BSの番組収録で訪れたイタリアアルプスのトレッキングの旅の発端から終りまでの
ドキュメンタリーで描いた本だ。

すでに発刊からは時間が経っていたが、本当に偶然の出会い、それまでその本の存在自体
知らなかった。

立ち読みでなかなかの本と思い買おうと考えたが次の予定があり急いでおり、
つい買いそびれた。

ところがだ。その後、どの本屋の角田光代の棚を見てもとんと見つからない。
まぁ、アマゾンで探せば見つかるのだろうが、本屋での出会いを尊重する私としては
なんとか本屋で出会いたかった。

ところが拍子抜け。
何気なく文庫本コーナーの平積みを眺めていたら、そこにその本はあった。
7月の新刊である。
悲しいのは文庫版発刊にあたり書名が変わっていたこと。
タイトルは「あしたはアルプスを歩こう」である。

ドロミテもイタリアも関係なく、すぱっとアルプスとくくってしまった。
なんとも文庫的で潔いが、深みがなくなってしまった気がする。
まぁ売上的にはこっちの方が売れそうであるが・・・

本は角田光代独特のユーモアが盛り込まれ、当初楽園的なイメージを抱かせた
トレッキングが、実は雪山登山であったことでさまざまな体験が待っている。
そこにまたさまざまな人間ドラマがあり、読後感にはすっかり前向きになっている自分がいる。
イタリア好き、山好き、旅行好きの方にはぜひおすすめする

さて、かように本との出会いには偶然の楽しみがある。
本好きはもちろんであるが、その辺の楽しみがあって本屋好きも多いのではと想う次第。

単行本↓


文庫版↓

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

2008年8月8日・・・

080808と8が並んだ今日。

8と言えば、フジテレビの日。そして名古屋市はマルハチ(丸に八は名古屋市のマーク)の日。
そのほかにも、末広がりで縁起が良いのか、記念日が多そうだ。

私の関わっているプロジェクトのWebサイトも、今日2008年8月8日、夜8時8分に立ち上がった。
プロジェクトの成功をただただ願う次第。

記念すべきスタートがあれば、残念な結末もあった。

九州の建築不況の影響か、宮崎県最大の建設会社、志多組が民事再生法申請となった。
実質上の破綻である。
建築基準法改正のとんだあおりを受けた格好だ。

そして今日から北京オリンピックも開幕した。
どんなドラマが待っているのか、テロ不安もあるが、
幸せな思い出が残る8月になって欲しい、素直にそう思う。

プレゼン負けの通知もあり、いろいろと考えることの多い1日だった。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

テレビ局各社、スポット広告収入減、続く。

テレビ局各社から、2008年4─6月期の広告収入が発表された。

相変わらずスポット広告費の落ち込みが止まらないようだ。
その理由として、スポンサー企業が原料高の影響を受けた要因が大きいと
各社総じて分析しているが、本当にそれだけだろうか?

もっともらしい理由を探すのに四苦八苦しているというのが素直な感想だ。

インターネットの影響が大きいのは誰の目にも明らか。
決して原料高などと言う経済理由ではないのは間違いないのだが、
本音を吐いた時点で坂道を転げ落ちるように売上が激減するという恐怖があって
思ってもなかなか認めようとしないのだろう。

そんなテレビ局の事情はわからないでもないが、
気になることが1点。

それは利益減を受けて番組制作費の削減を声高々に宣言していることだ。
番組制作の大半は外部の制作会社に依存しているのが現状で、
上記の考え方は、イコール制作会社への外注費を削るということに直結する。

番組ねつ造問題で大いに苦しんだと思うが、どうもテレビ局には懲りない人が多いらしい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

ナガオカケンメイと60VISION(ロクマルビジョン)

ロングライフデザインをコンセプトに、息の長い商品にスポットライトをあてるプロジェクトを
展開するナガオカケンメイ氏。
その使命感にも似たこだわりと継続力にはただただ頭が下がるばかり。

各県1店舗を目指すD&Department Storeはそんな彼の想いが結集した場であるが、
そこで復刻・販売されている家具が、カリモク60シリーズだ。

その復刻までには、さまざまなドラマがあったと語られている。

最近出版された書籍「60VISION(ロクマルビジョン)」を読むと、なるほどそんなことが
あったんだと思わず引き込まれる。

カリモク60を皮切りに、ノリタケ60、アデリア60、エース60、ホートク60などなど、次々と60年代のデザインの名作を復刻させている。

最初は小さな活動であったが、長年に渡る継続により大きな花を咲かせようとしている。
彼の活動こそロングライフデザインそのものである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

やっぱり!仕組みは強い。

隠れたベストセラーとなった前作、「仕組み」を作った人が勝っている、
に続く第二弾。やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている。
荒濱一、高橋学の共著だ。

マーケティングは、簡単に言うと売れる仕組みづくりな訳であるが、
この本に登場するのは、まさに仕組みづくりの匠とも言うべき人たちである。
しかもほとんど個人で一気に仕組みを作ってしまう。

それぞれ錬金術のジャンルは違うが、
共通するのは、そのスピード感と徹底ぶりだ。

火事場の馬鹿力なる言葉もあるが、
とにかくとことんやってみて、短時間にニッチな部分でのナンバーワンを獲得する。
そしてその仕組みから結局、黙っていても利益が上がり続けると言うわけだ。

ほんまかいな、と言う気もするが、世の中には凄い人がいるらしい。

もちろん努力は必要不可欠だろうが、
ある種、天賦の才能ともいうべき能力をはなから備えているような気もする。
もちろん、誰しもやってみて初めて才能に気づく訳だから、
まずはチャレンジしてみる気持ちが大切なのだろうと思うが。

夏期休暇に、自分の中の眠っている才能を目覚めさせてみては?

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

戦わずして勝つこと。船井の哲学。

70歳超えても変わらぬ意欲的な活動をこなす船井幸雄。
船井総研会長である。

40年を超えるコンサルタント歴。
堂々たるキャリアを持ちながら今なお日々成長を目指していると言う。

その彼がKKベストセラーズから「幸せの基本」と言うタイトルの新書を出した。
いったい何冊目の出版となるのか、
彼の本は研究テーマである「サムシング・グレート」に寄り過ぎ、
やや宗教がかったようななじみにくさがあったりするが、
本書は、生き方に悩むすべての人に優しく語りかける、
わかりやすい人生論本だ。

彼の本の変わらぬ主張ではあるが、戦うことを止めれば人はもっと楽に生きられる。

ひと頃の戦略論一辺倒の競争の時代から戦わずためになることを優先する共創の時代へ。
この本を読んで、ますますそんな経営哲学が重要な時代になっていく予感をひしと感じた。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

名曲は歌い継がれる。杏里が歌う中西保志「最後の雨」

いつの時代にも名曲はある。その歌は時代を超えて生き残るべきだ。

徳永英明がヴォーカリストシリーズで歌とともに甦って以来、
実力派歌手たちが過去の名曲をカバーする傾向が強くなった気がする。

「オリビアを聞きながら」の杏里。

「tears of anri 2」を最近発売した。
徳永とは反対に男性歌手の名曲を歌っている。

そんな中の1曲。
中西保志の「最後の雨」。

過去にもいろいろな歌手でカバーされており、まさに名曲中の名曲だ。

男性の心情を歌った曲であるが、杏里のピュアな歌声がこの名曲に新たな解釈を与えている。

名曲は歌い継がれ、歌い継がれる間に新たな価値が積み重ねられていく。
歌の語り部ともういうべき役割で、眠っていた歌手が息を吹き返すのは実に意義深い。



収録曲
1. 「Goodbye Day」 (来生たかお)
2. 「ワインレッドの心 」( 安全地帯)
3. 「 初恋 」 (村下孝蔵 )
4. 「最後の雨 」(中西保志)
5. 「涙そうそう 」 (BIGIN)
6. 「 もう恋なんてしない 」( 槇原敬之)
7. 「ラブ・ストーリーは突然に」 (小田和正)
8. 「桜 」(コブクロ)
9. 「抱きしめたい」 (Mr.Children)
10. 「瞳をとじて 」 (平井堅)
11. 「恋 」 (松山千春)
12. 「さよなら」 オフコース

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

FC2Ad