FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

またまた1年のご無沙汰

昨年の7月7日に投稿してから、はや1年が経過する。

当たり前のように書いていたブログが全く書けなくなってしまった。

仕事が忙しくなったから。言い訳の材料は星の数ほどあるが、要は気持ちの問題。

今一度、気持ちを立て直せるか。

じっくり考えてみよう。

というか、考えているから始められないのだ。

そう、考える前に動け。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

再開への誓い

昨年夏以降、急激に仕事が忙しくなり、ブログが書けなくなっていました。

アウトプットの量はインプットの量に比例する。まさにその典型的な状態。

本を読むことも滞り、勉強会に出かけることもままならず。

それではお客様にも還元できない、近いうちにその循環を良い循環に変えたい、
そう思っています。

まずはブログの再開、そのためにインプットを増やします。


誕生日に思うこと

8月1日、また誕生日を迎えた。

あえて何回めとは言わないが、おそらく人生で迎える誕生日の数の4/5程度にはなるのだろう。

本来誕生日とはおめでたい日という考え方の私。

けれどここ最近は、誕生日が近づいてくるとなんだか憂鬱な気分になる。

同世代のみんながそうなのかどうか、聞いたことがないのでわからない。

けれど、共通の思いの人間はおそらく、ある程度いるのではないだろうか。

原因のひとつは、歳をとることが楽しいと思えないからだ。

趣味の一つもなく、将来に向けての蓄えもない。

こんな私にも、誕生日は容赦なくやってくる(笑)

そんな中で、以前こんな記事を読んだことを思い出した。

誕生日とは、自分が生まれた日でもあるけれど、
自分を産んでくれた母親の出産記念日でもあるということだ。

母親がいなければ自分は存在しない。だから母親に感謝する日…

まぁ、よくもこんな暑い日に頑張って。

ほんと、感謝である。

集中力と持続力。

働いて生きていく上で、大切なものはなんだろう?

最近、また読み返している村上春樹氏の長編や紀行文。

その中に、マラソンのトレーニングと長編小説を書くことの共通点についての記述があった。

村上氏いわく、その共通点は「集中力」と「持続力」が肝心で必要不可欠ということだ。

余分なことを考えず走るということに集中する。それをひたすらに続ける。

邪念があったり、油断があったりすると、30km過ぎからそれまでの調子が嘘のように走れなくなるようだ。長編小説も同様。計画を立て、集中して続けないと、ゴールにたどり着けない。

そんな話を読んで、はたと自分自身の現状に立ち返った。

考えてみれば、長く書き続けていたブログもここ2ヶ月は投稿画面を立ち上げることすらなかった。週に2回は、と決めていたウォーキングも、週に1回もできていない。いつしか汗ばむ季節がやってきてしまった。

会社勤めではなく、個人事業主となったから余計に意識する必要があろう。なにせ朝起きなくても誰にも咎められることはない。目覚まし時計として役割を果たせるのは自分自身の自覚だけである。

それにしても、マラソンと長編小説を例にあげる村上氏に対して、ブログとウォーキングとは(笑)。

働いて生きていく上で大切な集中力と持続力。今一度、肝に銘じよう。

【本ばかり読んでて実践しないなら、意味ないじゃん!】それでも本を読む理由とは。

私の読む本のほとんどが、仕事関係の本ということを知っていて、ごくたまに、そんな風に言われることがある。


なので仕事の本ということに限って、本を読む理由を書いてみる。


まずよく考えてみてほしい。
本は商品なわけだから、売れるようにそれなりに脚色されている。
当たり前の話だ。なので、そのまま実践したところで、大抵は本のようには上手くいかない。


ではなぜ、わかっていても、そんなに仕事の本を読むのか?


私の広告会社時代。
ナレーターの技量を示す言葉として「引出し」という言葉がよく会話の中に登場した。
渡されたナレーション原稿に対して、ナレーターが自分の中のどの「引出し」を開けるか。

すなわち「引出し」の数をたくさん持っているナレーターが、レベルの高いナレーターというわけなのだ。
そして、この引出しを数多く持つことは案外と難しい。


私が本を読む理由もこれに近いものがある。

広告やマーケティングの世界では、商品やサービスを売るための導線を考えることを「コミュニケーション設計」と言ったりするが、まさにその際に求められるのが、先に挙げた「引出し」の数なのではないだろうか。

なので、コミュニケーション戦略と考えれば、すなわち引出しの数は「武器」の数と言えなくもない。


話をもとに戻そう。特に今、なぜ仕事の本をたくさん読むのか?

現代はマス広告以外にSNSとかも登場して、マーケティングコミュニケーションは、より複雑に、より多層になってきている。


なので、コミュニケーションを考える際には、あらゆるケースを想定して「引出し」の数は多ければ多いほど、戦略の精度は上がるというのが、今の私の考え方だ。

数が少なければその逆、特にネットへの理解が薄ければ提案そのものが片手落ちにもなりかねない。
だからこそ知っていた方が良いこと、知っておかなければならないことは、ますます増えているのだ。


それゆえに、あくまでそのまま実践するのではなく、実践するためのシミュレーション材料として情報を持っておくに越したことはない、というのが今の私の「仕事の本を読む理由」なのである。


ただ冒頭にも書いた通り、情報に振り回されてはいけない。
本の中の盛られた部分は自らのフィルターで濾過できるだけの冷静さ、知見が求められる。


とかなんとかいっても、今のところ、私の「引出し」はあまり使われていないのは事実(笑)

それでも、その日に備えて、今日も本を読むのです。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

次のページ