アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

食べログ問題が引き金となり、ネットは「友人知」の時代へ。

世間を騒がせている「食べログ」問題。

39の不正業者が、口コミを不正に起こしランキングを操作していたことが発覚した。

不正の内容は主に2点。

ランキングを上げる高評価の書き込みを評価者に依頼し、ランキングを上げさせたケース。

逆に、競合店の低い評価の書き込みを評価者に依頼し、競合店に打撃を与えたケース。

飲食店では「食べログSEO」として周知の存在だったようで、食べログを運営しているカカクコムでは
すでに昨年の1月からこれら不正業者への対応を行っていたようだ。

なぜ今になってという感があるが、ここまで騒ぎを大きくしたカカクコムは上場会社としてのコンプライアンスに欠けているといわれても仕方がないだろう。

さてこの食べログ、一時はグルメサイト=食べログといわれるほど、グルメサイトのあり方そのものを変え飛ぶ鳥を落とす勢いの存在。食べログから見放されては経営そのものに支障を来たすという声もよく聞かれた。

何よりユーザの生の声がベースとなっていただけに信用の度合いが違うというわけだ。

しかし今回の問題。根幹の評価システムそのものでやらせが蔓延していたことは、
存在価値そのものが否定されても仕方がない、それほどの大きな問題なのである。

日経ビジネスデジタルの記事によると、今回の問題がきっかけで、
ネットの「集合知」の限界が見え、その先にある「友人知」への移行が加速するとしている。

このベースとなったのが、フェイスブックのシェリル・サンドバーグCOOへの取材だ。
サンドバーグ氏は、「情報主体のウェブは集合知(群衆の英知)という考え方に基づいてるが、今後、重要になるのは「友人知(wisdom of friends)」と語っている。

友人知とは耳慣れない言葉であるが、見知らぬ人の評価か知っている友人の評価かと聞かれれば、
なるほど知っている友人の方が信頼できるとなるわけだ。

フェイスブックそのものが友人知のかたまりのような存在だけに、皮肉にも今回の問題がフェイスブックにさらに弾みをつけることになるだろう。

~日建ビジネスの記事を参照

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

ブランドは、作るものではなく作られるもの。

かつて「ブランドは広告では作れない」という本があった。

詳しい内容はあまり覚えていないが、広告とPRを比較して、PRの情報としての価値がブランドを形成するのに適しているというようなことが書いてあったように思う。
要は、ブランドは時間をかけて形となっていくものであるため、瞬発力を求める広告に期待するのは難しいということだろう。

そういう意味では、企業イメージの向上を狙って、安易にタレント起用のCMを打つというのは、手段と目的をはき違えていると言っても過言ではない。

社会貢献活動も同じだ。

環境とCSRを考える雑誌オルタナで「ソーシャルとブランドを考える」という記事を読んだが、ボルビックの1Lfor10Lキャンペーンの例などをあげて、このキャンペーンが成功した理由をあくまでウラオモテなく見返りを求めない企業姿勢があったからとしている。

ブランドは作ろうと思って作れるものではない。というのもあくまで主役は商品やサービスを利用する人であり、彼らの共感の総和がブランドを形成するものだからだ。あくまでブランドは結果なのである。

オルタナでは、企業のCSR活動に必要な要素として次の5つ挙げている。

(1)献身的・・・見返りを求めない
(2)持続的・・・すぐに止めない
(3)独創的・・・横並びではない
(4)本質的・・・表層をなぞらない
(5)全社的・・・個人に頼らない 

特に持続的(=サスティナブル)は、瞬発力を求める広告が苦手とするキーワードであり、企業そのものの姿勢が試される極めて重要なキーワードだ。ブランドが一朝一夕に作ることができないと言われるのはここにある。

作るのではなく、作られる。そのことを肝に銘じて、誠実な行いを継続していく。貫いたその先にブランドが待っているのだ。


テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

ビジネスに、モジュールという発想。

モジュールとは、ハードウェアやソフトウェアを構成する最小単位の部品のことで、
モジュールを組み合わせることで、機能の効率化が計られている。

最近のビジネスのヒット要因を見てみると、このモジュールの発想が上手に活かされているような気がする。

たとえば、ヘアカットのQBハウス。
従来の床屋の機能を分解して、必要最小限の機能のみを抽出したサービス。
具体的にいうと髪を切るという機能だけを残し、それ以外の髭剃りや洗髪というサービスを
取り除いた。

おそらくは男性心理を綿密にリサーチされた結果だろう。
洗髪は家に帰ってできるし、髭剃りだって朝剃れば別に理髪中に剃ってもらうことも必要がないといえる。
その分、値段を安くしてほしいという潜在的な声を見事に顕在化させたマーケティングの勝利ではないか。

いささか飛躍が過ぎるかもしれないが、AKB48だって、48のモジュールの組み合わせと言えなくもない。
48人の組み合わせで常に新鮮さを維持できるし、さまざまな試みに挑戦することができる。

既存ビジネスもモジュールに分解して見直してみると、次のビジネスの意外なヒントが見つかるかも知れない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

デジタルは「媒体」ではなく「思想」

今日発売の宣伝会議で、AKQAのクリエイティブディレクター、レイ・イナモト氏が
興味深いことを書いている。

広告会社が次世代型に移行する3つの方法のひとつとして掲げるのが、
デジタルは「媒体」ではなく「思想」である、ということ。

つまり「デジタル」を「テレビ」や「印刷」のような制作の1部署としてみているうちは、
永遠に過去から脱皮できない。
抜け出すために重要なのは「考え方」そのものを変えるということだ。

それについてインターネットの黎明期にコピーライターの糸井重里氏がかつて、
“インターネット的”という言葉を使ったことを思い出す。

しっかりとは覚えていないが、糸井氏のいうインターネット的とは、
インターネットをビジネスに活かすためには、
まず自分自身がインターネットにどっぷりと身を置かない限りは難しい、
という意味だったように思う。

イナモト氏の、デジタルは「思想」である、もそれに近いのではないだろうか。

特にソーシャルメディアが急速に浸透してきた今は、
単なる机上論では企画はもちろん、クライアントの説得などとても無理だろう。

そういう意味では「デジタル」ではなく「デジタル的」であることが、
次世代型広告会社への最低条件であることは間違いない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

企業への共感の輪で広がる、応援消費。

応援消費、という言葉を聞いたことがあるだろうか。

この3月に起こった東日本大震災の震災被災地を支援する企業の商品やサービスを
積極的に購入・利用しようという行動の広がりだ。

最新号の日経ビジネス・アソシエ巻頭で紹介されている。

支援のための消費というと、ボルビックの1リットルフォー10リットルの活動が思い出されるが、
そちらの場合は、広い意味での環境貢献の色合いが濃い。

応援消費は、その支援を被災地という特定の目的に絞ったもので、ほぼ同義であるようにも思うが、
目的という意味ではもう少し芯がはっきりしている。

誰もが何らかの形で体験した大震災のショックがより身近な分、活動も見えやすいという感じがする。

この応援消費、代表的なものは飲食店の利用料金の1%前後を支援団体に寄付するというもの。
ワタミが実施したケースでは総額3,200万円今日の寄付金が集まったという。

ほかにもガリバーインターナショナルの、被災地のNPOなどに中古車100台提供がアソシエでは紹介されている。

本誌では、企業活動に共感して応援消費がすすむことを受けて、
企業のビジョンがより問われる時代になっていることも合わせて示唆している。

記事を読んでも思うことであるが、安易な安売りを続けている企業はそのうち淘汰されるだろう。
値引きして売ることは誰でもできる。そんな考え方は見透かされるのがおちだ。

消費者が何を求めているか、この応援消費にそのヒントが隠れている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

次のページ

FC2Ad