FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

来年は、また皆が希望を持てる年に。

コロナにはじまり、コロナに終わった、2020年。

オリンピックはじめ、楽しみにしていた多くのイベントが軒並み中止となった。

こうしてみると、当たり前のように楽しんでいたことが、実は当たり前ではなかったことを実感する。

とはいえ、コロナ感染防止の最前線にいる方々を思えば、十分すぎるほどに幸せかもしれない。

来年は、従事している皆さんはもちろん、コロナの影響で少なからず被害を受けた皆が、
再び幸せな日々を送れるように願うばかりである。

2021年が良い1年になりますように。

またまた1年のご無沙汰

昨年の7月7日に投稿してから、はや1年が経過する。

当たり前のように書いていたブログが全く書けなくなってしまった。

仕事が忙しくなったから。言い訳の材料は星の数ほどあるが、要は気持ちの問題。

今一度、気持ちを立て直せるか。

じっくり考えてみよう。

というか、考えているから始められないのだ。

そう、考える前に動け。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

再開への誓い

昨年夏以降、急激に仕事が忙しくなり、ブログが書けなくなっていました。

アウトプットの量はインプットの量に比例する。まさにその典型的な状態。

本を読むことも滞り、勉強会に出かけることもままならず。

それではお客様にも還元できない、近いうちにその循環を良い循環に変えたい、
そう思っています。

まずはブログの再開、そのためにインプットを増やします。


誕生日に思うこと

8月1日、また誕生日を迎えた。

あえて何回めとは言わないが、おそらく人生で迎える誕生日の数の4/5程度にはなるのだろう。

本来誕生日とはおめでたい日という考え方の私。

けれどここ最近は、誕生日が近づいてくるとなんだか憂鬱な気分になる。

同世代のみんながそうなのかどうか、聞いたことがないのでわからない。

けれど、共通の思いの人間はおそらく、ある程度いるのではないだろうか。

原因のひとつは、歳をとることが楽しいと思えないからだ。

趣味の一つもなく、将来に向けての蓄えもない。

こんな私にも、誕生日は容赦なくやってくる(笑)

そんな中で、以前こんな記事を読んだことを思い出した。

誕生日とは、自分が生まれた日でもあるけれど、
自分を産んでくれた母親の出産記念日でもあるということだ。

母親がいなければ自分は存在しない。だから母親に感謝する日…

まぁ、よくもこんな暑い日に頑張って。

ほんと、感謝である。

どこかで、誰かが苦しまなければならないビジネスなんて、もういらない。

ザ・イノウエ・ブラザーズ、兄の聡と弟の清史が書いた「僕たちはファッションの力で世界を変える」を読んだ。


ファンションの力


ザ・イノウエ・ブラザーズとは、ふたりの活動の名称であり、ふたりがプロデュース・デザインを手がけるファッションブランド名でもある。現在では、そのザ・イノウエ・ブラザーズの製品は、名だたるハイブランドや高級セレクトショップ等で取り扱われているそうだ。

そうだというのは、この手のファッションブランドと縁遠い私は、本書に触れるまで、ザ・イノウエ・ブラザーズについてはまったく情報を持ち合わせていなかったからだ。本書を書店で手に取り、初めてこの兄弟のことを知った。

両親とも日本人だが、両親の仕事の関係で、ふたりは異国の地、デンマークのコペンハーゲンで生まれ育った。

父が早くに亡くなったこと、また日本人にとっては異文化の地ということもあり、ある時期苦労したこともあるようだが、逆にその特異ともいえる環境が彼ら独自の価値観を育んだ。

さて。肝心な本書の内容であるが、ザ・イノウエ・ブラザーズとしてファッション業界で高い評価を受けるに至った彼らのプロセスと彼らの価値観が培われた生い立ちから現在までを自らの手で記している。

詳細は本書をぜひお読みいただきたいが、ザ・イノウエ・ブラザーズと同業他者との一番の違いは、彼らのミッション、想いの強さだろう。

ふたりは誘われて訪れたボリビアで、質の高いアルパカ製品が安い値段で売られていて、生産者も厳しい生活を強いられているという現実に出会う。そこから彼らの作る製品の販売を通して、少しでも彼らの生活の力になることができないか、その取り組みに邁進することになった。

しかしながら、強い想いだけではビジネスは成り立たない。利益も生み出さない。当然の話であるが数々の困難がふたりの行く末に立ちふさがる。けれどそんな状況を切り開いたのもまた、彼らの想いの強さだったのだ。

彼らのビジネスは、タイトルにもあるように、資本主義社会の弊害とも言える、勝ち組と負け組、成功者と犠牲者、そんな相反する関係を決してつくらないことが大前提。

そんなこと、できっこない。そう思った時点で確かにできっこない。けれど思い続ければ、確実に近づくことはできるのも真実だ。

本書でふたりの歩みを読み進めるにつけ、少しづつ着実にふたりの活動は、世界を変えつつあると確信できた。

ファッション業界が売り上げ自体がシュリンクして、業界そのものが再編の時期を迎え大変厳しい時期にある。けれど、人間誰しも服を着ずに日々を過ごすことなんてできない。どうせ着るのなら、自分が着たい物を着て過ごしたいと思うのは当然だろう。

それなのに服が売れないのは、一にも二にも、どうしても買いたいと思わせるブランド、製品が少なくなったからではないか、私はそう考える。

そしてその買いたい理由は、ひと昔前のようにデザインや名声ではないことは間違いない。

ではどうしたら売れるか?
その答えのようなものがザ・イノウエ・ブラザーズの活動に散りばめられている。
重要なのは、それはファッションに限らず現在の消費行動すべてに共通する話だということだ。

ザ・イノウエ・ブラザーズ。その活動をこの先も見守っていきたい。

https://www.amazon.co.jp/僕たちはファッションの力で世界を変える-ザ・イノウエ・ブラザーズという生き方-井上-聡/dp/4569837646


テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

次のページ